タグ:鳥山石燕

■陰摩羅鬼[おんもらき]▽解説 漢訳仏典を総集した『大蔵経』にその名があるとして紹介される怪鳥です。 林羅山による怪異小説集『怪談全書』には、中国宋代、廉布の『清尊録』にあるものを訳した「陰摩羅鬼」の話が収録されています。 宋の時代、鄭州の崔嗣復(さいしふ ...

■魍魎[もうりょう]▽解説 「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」といえば種々の妖怪変化の総称として用いられる四字熟語で、『春秋左氏伝』宣公三年の条にみえる語句が由来といわれています。山林の木から生じる妖怪が魑魅、山川木石の精怪が魍魎(罔両、罔象、方良、蝄蜽)とされ ...

■皿かぞえ[さら‐]▽解説 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』にある妖怪です。 井戸から半身を出した女の幽霊らしきものが火を吹き出しており、その火が三枚の皿を宙に巻き上げているかのように描かれています。 これは、ある家の下女が十枚組の皿のうち一枚を井戸に落とし ...

■ぬうりひょん▽解説 鳥山石燕の『画図百鬼夜行』に描かれた妖怪の大半は狩野派絵師らが描いた化物尽くしの絵巻にある妖怪が元となっており、絵巻にある頭の大きな老人の妖怪「ぬらりひょん」も、駕籠から出て建物(遊郭ではないかといわれています)へ足を踏み入れようとす ...

■毛羽毛現[けうけげん]▽解説 鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』にある妖怪です。 家の縁先に出現した、黒い毛に全身を覆われた妖怪が描かれており、「毛羽毛現は惣身に毛生ひたる事毛女のごとくなればかくいふか。或は希有希現とかきてある事まれに見る事まれなればなりとぞ ...

■狒々[ひひ]▽解説 狒々(比々)は日本の各地で山間部に棲むといわれていた怪獣で、猿を大きくしたような姿、あるいは年功を経た猿が化したものなどと考えられました。 もとは中国に伝わるもので、『本草綱目』によれば、狒々は大陸の南西に棲息しており、人のような形を ...

■雲外鏡[うんがいきょう] ▽解説  『百器徒然袋』にある妖怪です。  隈取りを施したような顔が浮かぶ鏡の妖怪が描かれ、「照魔鏡と言へるはもろもろの怪しき物の形をうつすよしなれば、 その影のうつれるにやとおもひしに、動出るままに此かゞみの妖怪なり ...

■火車[かしゃ] ▽解説  生前に罪を犯した亡者を迎えて地獄に送る、あるいは地獄で罪人を責める道具として、車輪部分が燃え盛る火炎になっている車(火車、火の車)が用いられると考えられてきました。  各種の説話集などには悪業の報いとして、この火車が罪人の身を ...

■泥田坊[どろたぼう] ▽解説  『今昔百鬼拾遺』に描かれている妖怪です。  土中から上半身を出す単眼、三本指で裸形の化物が描かれており、「むかし北国に翁あり。子孫のためにいささかの田地をかひ置て、寒暑風雨をさけず時々の耕作おこたらざりしに、こ ...

■白容裔[しろうねり] ▽解説  『百器徒然袋』に描かれている妖怪です。  龍のような外見に化した古布の姿で描かれ、「白うるりは徒然のならいなるよし。この白うねりは古き布巾のばけたるものなれども、外にならいもやはべると、夢のうちにおもひぬ」とあ ...

↑このページのトップヘ