タグ:鳥山石燕

■火間虫入道[ひまむしにゅうどう]▽解説 鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』にある妖怪です。 縁の下から半身を出し、灯明皿の油を舐めとろうとしているような首の長い男の化物が描かれ、「人生勤にあり。つとむる時は匱しからずといへり。生て時に益なく、うかりうかりと間(ひ ...

■邪魅[じゃみ]▽解説 鳥山石燕『今昔画図続百鬼』に描かれている妖怪「邪魅」は、下半身が茫洋とした獣のような姿をしており「邪魅は魑魅の類なり。妖邪の悪鬼なるべし」と記されています。 「魑魅(ちみ)」とは山林の気から生じる妖怪、魍魎(もうりょう)とは山川木石の ...

■後神[うしろがみ]▽解説 鳥山石燕『今昔百鬼拾遺』に描かれている妖怪です。 柳の木の下に現れた後神と、その手つきに引き寄せられたかのように裏返った傘が描かれており、「うしろ神は臆病神につきたる神也。前にあるかとすれば忽焉として後にありて人のうしろがみを ...

■暮露暮露団[ぼろぼろとん]▽解説 鳥山石燕『百器徒然袋』にある妖怪です。 破れてぼろぼろになった布団が目を生じ、綿か布きれが手足の形をなしている妖怪が描かれ、「普化禅宗を虚無僧と云ふ。虚無空寂をむねとして、いたるところに薦むしろに座してもたれりとするゆ ...

■陰摩羅鬼[おんもらき]▽解説 漢訳仏典を総集した『大蔵経』にその名があるとして紹介される怪鳥です。 林羅山による怪異小説集『怪談全書』には、中国宋代、廉布の『清尊録』にあるものを訳した「陰摩羅鬼」の話が収録されています。 宋の時代、鄭州の崔嗣復(さいしふ ...

■魍魎[もうりょう]▽解説 「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」といえば種々の妖怪変化の総称として用いられる四字熟語で、『春秋左氏伝』宣公三年の条にみえる語句が由来といわれています。山林の木から生じる妖怪が魑魅、山川木石の精怪が魍魎(罔両、罔象、方良、蝄蜽)とされ ...

■皿かぞえ[さら‐]▽解説 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』にある妖怪です。 井戸から半身を出した女の幽霊らしきものが火を吹き出しており、その火が三枚の皿を宙に巻き上げているかのように描かれています。 これは、ある家の下女が十枚組の皿のうち一枚を井戸に落とし ...

■ぬうりひょん▽解説 鳥山石燕の『画図百鬼夜行』に描かれた妖怪の大半は狩野派絵師らが描いた化物尽くしの絵巻にある妖怪が元となっており、絵巻にある頭の大きな老人の妖怪「ぬらりひょん」も、駕籠から出て建物(遊郭ではないかといわれています)へ足を踏み入れようとす ...

■毛羽毛現[けうけげん]▽解説 鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』にある妖怪です。 家の縁先に出現した、黒い毛に全身を覆われた妖怪が描かれており、「毛羽毛現は惣身に毛生ひたる事毛女のごとくなればかくいふか。或は希有希現とかきてある事まれに見る事まれなればなりとぞ ...

■狒々[ひひ]▽解説 狒々(比々)は日本の各地で山間部に棲むといわれていた怪獣で、猿を大きくしたような姿、あるいは年功を経た猿が化したものなどと考えられました。 もとは中国に伝わるもので、『本草綱目』によれば、狒々は大陸の南西に棲息しており、人のような形を ...

↑このページのトップヘ