タグ:高知県

■風呂の生首[ふろ‐なまくび]▽解説 高知県高知市には以下のような話が伝わっています。 昔、高知城下に山田という武士の家があり、当主の弟に「五内さん」と呼ばれる人がいました。 五内さんは化物が好きだという変わり者でしたが、部屋住みの例にもれず、士官の道も ...

■八面の狸[やつづら‐たぬき]▽解説 高知県吾川郡池川町に伝わる妖怪です。 昔、ハヅマの滝の辺りには八つの頭がある「ヤツヅラのタヌキ」が棲んでいて、井の谷の綺麗な娘さんを毎晩食べに来ていました。 ある時、この地を訪れた狩人が宿を乞いましたが、家の主人は「 ...

■鞭[むち] ▽解説  高知県高岡郡黒岩村に伝わるものです。  田の上で鞭を振り回すような音を立てて強風が吹き、これに当たると病気になるといいます。 ▽関連 ・魔風  「伝承妖怪お題絵」2013年6月のお題でした。  風に乗ってやって来 ...

■骨なし女[ほね-おんな] ▽解説  『土佐お化け草紙』に描かれている妖怪です。  詞書によると、骨なし女はまたの名をくらげ女ともいい、潮江のはば山に住む幽霊が年を経て骨のない女となったものだといいます。  人死のあった家には必ず来て、夜な夜な庭 ...

■宿守[やどもり] ▽解説  『土佐お化け草紙』に、馬骨とともに描かれている妖怪です。  宿守(ヒキガエル)を殺せばこのような化物となり、人の閨へ来るといいます。 ▽註 ・『土佐お化け草紙』…土佐で描き継がれていた妖怪絵巻。16の妖怪譚を収録 ...

■馬骨[ばこつ] ▽解説  『土佐お化け草紙』に、宿守と蚊帳の内で語らう様子が描かれている妖怪です。  火事で焼け死んだ馬が化したものであるといいます。 ▽註 ・『土佐お化け草紙』…土佐で描き継がれていた妖怪絵巻。16の妖怪譚を収録。堀見家 ...

■子とろ子とろ[こ-こ-] ▽解説  『土佐お化け草子』に描かれている妖怪です。  鮮血の滴る小児の生首をくわえた半裸の女が描かれ、「子とろ子とろ、一名しと(嫉妬)女」とあります。  嫉妬深い女が化したもので、恨みに思う女の子供の寝屋に忍び入り、子 ...

■山女[やまおんな]▽解説 各地の山間部でいう女の妖怪です。 山姥の類で、土地によって様々な性質が伝えられています。 熊本県下益城郡での山女は、髪の毛が地につくほど長く、節があるといいます。また、人に会うとゲラゲラと笑い、同時に人の血を吸うといいます。  ...

■野鎌[のがま]▽解説 高知県、徳島県でいう鎌鼬の類です。 徳島県では野原に鎌を捨てると野鎌という化物となって、人を切るようになると伝わっています。 祖谷山では葬式の穴掘りなどに使った鎌や鍬は、七日間墓場に置いた後に持って帰らないと野鎌になると戒められ ...

 ■山鰐[やまわに]▽解説 『土佐お化け草紙』に描かれている、大きな口が特徴的な妖怪です。   絵巻には山鰐が発した言葉も書き込まれており「わしがいとこは海にあるが、それもみな口の太き者にて、何にても一口になめるという。お寺の鰐(鰐口)も口が太いゆえ、わ ...

↑このページのトップヘ