タグ:青森県

■北向きの隠居[きたむ‐いんきょ]▽解説 青森県三戸郡階上村に伝わる話に登場する化け狐です。 昔、ある村に美濃見藤蔵という名の狩人がいました。 いつものように山へ狩りに出かけて昼飯を食っていたところ、向こうの山際で一匹の子狐が雉の羽毛をむしり取っている様 ...

■氷柱女房[つららにょうぼう]▽解説 東北地方や新潟県などに伝わっているもので、氷柱女、しがま女房、すが女房、かねこおり女房などの呼び名もあります。 ある若者が軒に下がった氷柱を鋸で切りながら「この氷柱のように美しく、色の白い女房がほしい」と呟きます。  ...

■布絡み[ぬのがら-] ▽解説  青森県三戸郡田子町長坂に伝わる妖怪です。  長坂には布沼という大きな沼があり、ここには布絡みという奇怪な主が棲んでいるといわれました。  布絡みは布に化けて沼のほとりの垣根に下がり、見つけて取ろうとした人のもとに ...

■手長婆[てながばばあ] ▽解説  青森県や千葉県北部、茨城県南部でいう妖怪です。  青森県三戸郡田子町ではいわゆる手長足長伝説の類として語られています。大昔に貝守ヶ岳の頂上に棲んでおり、そこから八戸の海まで手を伸ばし貝を取って食べていたといい ...

■うわん ▽解説  『百怪図巻』『化物づくし』などの絵巻や『画図百鬼夜行』に描かれた、両手を振り上げ脅かすようなポーズをとっている妖怪です。  体色は薄橙、小豆色、緑など絵巻によりまちまちとなっていますが、顔つきや体勢はおおむね一致しています。 ...

■水虎[すいこ] ▽解説  もとは中国に伝わる妖怪で、日本では主に河童の別名として用いられ、長崎県や青森県などでは伝承上に水虎の名がみられます。  『本草綱目』によれば、水虎は三、四歳の小児のようで鱗があり、膝頭が虎の爪に似ていると解説していま ...

 ■もる火[-ひ]▽解説 青森県五所川原市でいう怪火で、もり火とも呼ばれます。 雨の夜、水死や首吊りのあった場所に現れる真っ青な火で、化物の中で最も恐ろしいものだといわれています。 頭から胴にあたる部分は人の指より太いほどで、足に当たる部分がぶらりと下がっ ...

■布這い[ぬのば-] ▽解説  青森県地方でいう妖怪です。  布を引くように地面をうねり歩く妖怪であるといいます。  絵に描かれた妖怪ではないので、姿は大徳寺真珠庵の『百鬼夜行絵巻』ほか多くの書物にある布を被った妖怪のものを拝借しました。 ...

↑このページのトップヘ