タグ:霊獣

■天呉[てんご]▽解説 大陸に古くから伝わる水神の一種です。  中国古代の地理書『山海経』「海外東経」によれば、天呉は朝陽の谷に棲む神で水伯(水神)であるといいます。二つの川の間にいて、その姿は八首人面にして八足八尾。全身あるいは背中が青黄色だといいます。 ...

■鸑鷟[がくさく]▽解説 鸑鷟(がくさく)は鳳凰の一種とされる神鳥で、中国後漢時代の字書『説文解字』にも既にその名がみられます。 南宋の王応麟による『小学紺珠』によれば、五種の鳳凰の仲間のうち、毛色に紫が多いものを鸑鷟と呼ぶといいます。 丹穴山に住む瑞祥の ...

■建礼獅子[けんれいじし]▽解説 天皇即位などの大礼の際に大極殿や紫宸殿の前面軒下に張り渡された『獣形帽額』に姿のある霊獣の一種です。 帽額の中央には太陽があり、瑞雲がたなびく中を霊獣たちが進む様が描かれています。 龍や鳳凰に続いてあらわれるのが「建礼(禮 ...

■狛犬[こまいぬ]▽解説 大型の犬あるいは獅子に似た魔除けの獣で、神社や寺院を守護するために入口、本殿、本堂などの左右に阿吽一対の像が向き合うように配置されます。 厳密には左側の阿形像は獅子で、左側に置かれる有角の吽形像こそが狛犬と呼ばれるものですが、一 ...

■鳳凰[ほうおう]▽解説 大陸から伝わった想像上の霊鳥で、その絢爛な姿は日本ほか東アジアの広い範囲で瑞祥として尊ばれ、絵画や彫刻の題材、建築物や調度品の装飾、図案としてもよく用いられてきました。 古くから知られており、前漢時代の『爾雅』や後漢の『説文解字 ...

■鳥龍[ちょうりゅう]▽解説 天皇即位などの大礼の際に用いられた装飾品で、大極殿や紫宸殿の前面軒下に張り渡された『獣形帽額』の刺繍に姿のある霊獣の一種です。 鶏冠と嘴をもった鳥のような顔の四足獣で、江戸時代に描かれた帽額の模様を示す図に「鳥龍」の名が書き ...

■騰黄[とうこう]▽解説 暁鐘成著『雲錦随筆』は、京都のとある縉紳(官位、身分の高い人)の家に「騰黄」という神獣の図が蔵されているとして、狐に似て、肩に炎を纏い、背から二本の角を生やした長い尾の獣の図を載せています。 騰黄は神代から日本にあること二千年に ...

■獅子[しし]▽解説 獅子は古代中国でライオンをもとに想像された獣で、ライオン自体の呼称としても通用しています。 古来、獅子(唐獅子)は百獣の王、瑞獣と考えられ、美術品の意匠として巻毛の鬣を蓄えた勇壮な姿で描かれてきました。 また、獅子の身に生じて肉を食い ...

■獬豸[かいち]▽解説 中国大陸に伝わる獣です。書物を通じて日本にも情報が齎されました。 正邪の判別に長けた聖獣であることから法や公正、正義の象徴として扱われました。獬廌(かいち、かいたい)、神羊などの名で呼ばれることもあります。 『三才図会』には、東望山 ...

■龍[りゅう] ▽解説  龍、竜(りゅう、りょう、たつ)は中国由来の想像上の動物で、日本の伝承においては専ら河川湖沼の主とされています。  雨を呼び嵐を起こし、また雲を起こしそれに乗じて天に昇ると考えられ、雨乞いの際に祀られることも度々あります。 ...

↑このページのトップヘ