タグ:蟹

■山辺赤蟹[やまべのあかかに]▽解説 『大石兵六夢物語』に登場する妖怪の一種です。 往来の人を誑かして頭髪を剃りあげてしまう薩摩・吉野の原の化け狐退治に挑んだ大石兵六は、次々に出現する化物たちの異様な姿にすっかり恐れをなし、一刻も早く鹿児島に逃げ帰って策 ...

■石蟹[いしがに]▽解説 『稲生物怪録』にある怪異のひとつです。 備後三次藩士で十六歳の少年・稲生平太郎は、隣家の三井権八と比熊山で肝試しを行って以後、自宅にて数々の怪異に遭遇するようになっていました。 七月五日の夜、平太郎が家を訪れた権八と話し込んでい ...

■蟹鬼[かにおに]▽解説 化物尽くし絵に描かれている妖怪の一種で、湯本豪一氏所蔵の絵巻でその姿が確認されています。 その名のとおり蟹のような化物で、甲羅に顔があり、這いつくばるような姿勢で描かれています。▽註・化物尽くし絵巻…湯本豪一氏蔵。作者不明。12体 ...

■蟹娘[かにむすめ]▽解説 明和六年(1769)頃、江戸浅草の見世物興行では、両手の指が二本ずつの少女を「蟹娘」と名付けて披露していました。 外見が特異である以外には特段の芸もなかったようですが、名はそれなりに知られたらしく、『半日閑話』では浅草名物のひとつと ...

■平家蟹[へいけがに] ▽解説  日本近海に分布する蟹の一種で、甲羅の凹凸が人面のような模様を形作っています。  この顔は怒りあるいは苦悶の表情を浮かべる男のように見え、壇ノ浦の戦で海中に没した平家一族の怨霊が化したものと考えられて、平家蟹の名で ...

■蟹坊主[かにぼうず] ▽解説  大蟹あるいは化け蟹、蟹の化物などとも呼ばれる妖怪で、寺院の伝説や昔話として各地に伝わっています。  何度新しく住職がやってきても、その度にまたいなくなってしまう無住の寺に、あるとき旅の僧侶が泊まります。  する ...

↑このページのトップヘ