タグ:虫

■鼻孔の虫[びこう‐むし]▽解説 中国南北朝時代に編まれた仏教類書『経律異相』に「出居士物故為婦鼻中虫経」を出典として収められている説話で、日本では『沙石集』などで引用されています。 天竺にとある優婆塞(在家の仏教徒で、善事をなしてよく戒律を守る者)がお ...

■百足女房[むかでにょうぼう]▽解説 滋賀県甲賀郡には「むかで女房」という短い昔話が伝わっています。  むかでは体は黒いのに足は赤という取り合わせがかわいらしいので「むかでを嫁さんにほしい」と言った人がいました。 ところがいざ嫁に迎えてみれば、むかでのた ...

■蝿の化物[はえ‐ばけもの]▽解説 大町桂月著『絵入訓話』(大正5年刊)内の「百鬼畫行」で紹介されている妖怪の一種です。 四十一種挙げられた化物のうち第二十七番目にあたるこの化物は、人かと思えば顔はなく、蝿かと思えば脚が四本のみ、しかしながら手をすり足をする ...

■二頭虫[にとうちゅう]▽解説 『姫国山海録』に記録されている虫の一種です。 この虫は、形は蟔(毛虫)に似て、また蚣(むかで)ではなく、体の前後に頭があるといいます。しかし結局のところ何という虫なのかは作者も知らないとしており、他の項目では記されている産地や ...

■神虫[しんちゅう] ▽解説  十二世紀後半に制作された『辟邪絵』(奈良国立博物館蔵)に描かれた、邪鬼や疫鬼を退散させる善神の一種です。  八本の足や羽を有する巨大な虫で、鬼を取り食らい周囲を血に染めている場面が描かれています。虫の体は鬼たちよ ...

■最猛勝[さいもうしょう] ▽解説  隋の闍那崛多が漢訳した『起世経』第二巻が説く八大地獄に付属する十六小地獄のひとつ、膿血地獄には最猛勝という虫がいるとされます。  膿血地獄に堕ちるのは、生前、腹黒く愚かな心を抱き、人に汚い物を与え食わせた者 ...

■馬癇[うまかん] ▽解説  人の体内にあって病を引き起こすという病虫の一種です。  『針聞書』では赤い体に白い足をした馬のような姿で描かれています。  同書によれば、これは馬癇と呼ばれる心臓の積聚(しゃくじゅ=さしこみ、癇癪)で、生じてから成長 ...

■足高蜘の変化[あしだかぐも-へんげ] ▽解説  『曽呂利物語』にある妖怪です。  ある山里に住む者が、月の出ている夕方に気晴らしにと外へ出かけました。  すると大きな栗の木の股に、鉄漿をつけ髪を振り乱した60歳ほどの女がいて、男を見つけて気味悪く ...

■悪虫[あくちゅう] ▽解説  『針聞書』に、人の体内にあって病を引き起こす虫の一種として紹介されているものです。  悪虫は人に取り付いて飯を食す虫で、脾臓に棲むとされています。  その姿は尖った口吻と尾鰭を有する六足の赤い虫として描かれており ...

■蜂王[はちおう] ▽解説  岡山県苫田郡鏡野町上齋原と鳥取県東伯郡三朝町の間にある人形峠に伝わる妖怪です。  元禄四年(1691)年の『作陽誌』には、次のような記述があります。  伯州と作州の境である人形山(人形峠)には、かつて大きさ一丈にも及ぶ蜂 ...

↑このページのトップヘ