タグ:福岡県

■有馬の化け猫[ありま‐ば‐ねこ]▽解説 講談などを通して広まった化け猫話のひとつで、俗に鍋島、岡崎の化け猫と共に三大化け猫に数えられています。 江戸は赤羽にあった久留米藩有馬家の江戸屋敷を舞台にした怪猫譚で、岡崎の化け猫に次いで多く映画化もされています ...

■嘴犬[くちばしいぬ]▽解説 『怪奇談絵詞』などに描かれているものです。  寛保年間(1741~1744)、福岡唐人町にてある犬が嘴太烏(ハシブトガラス)のような頭部をもった子を産んだといいます。 この子犬は飯や魚を餌としたものの、生まれて早々に死んでしまったといい ...

■羽犬[はいぬ]▽解説 福岡県筑後市に伝わるもので、「羽犬塚」(八女郡羽犬塚村。のち羽犬塚町となり、合併により筑後市となった)という地名の由来であるといわれています。 天正十五年(1587)のこと。薩摩の島津氏征伐のため九州遠征を行った豊臣秀吉は羽の生えた犬を連 ...

■本木村の化物[もときむら‐ばけもの]▽解説 延宝八年(1680)頃から筑前国宗像郡本木村には化物が出没して住民を脅かしたとされ、『筑前国続風土記』にその顛末が載るほか、各種の写本、絵巻などが事件の内容を伝えています。 延宝八年、本木の庄屋に毎夜化物が訪れ、婦 ...

■馬の足[うま-あし] ▽解説  馬に関する怪異の中には、その足だけが出現するというパターンがいくつか確認されています。   福岡県の伝承には、夜になると古塀から出た木の枝に馬の足がぶら下がっていることがあり、その下を通ると蹴飛ばされるというもの ...

■平家蟹[へいけがに] ▽解説  日本近海に分布する蟹の一種で、甲羅の凹凸が人面のような模様を形作っています。  この顔は怒りあるいは苦悶の表情を浮かべる男のように見え、壇ノ浦の戦で海中に没した平家一族の怨霊が化したものと考えられて、平家蟹の名で ...

■海御前[あまごぜん] ▽解説  福岡県宗像市東郷や北九州市門司区大積に伝わる河童の女親分です。  平家の武将平教経の妻または母が河童となり、壇ノ浦から福岡に泳ぎ着いたものといわれています。  北九州市では大積の天疫神社が本拠であるとされていま ...

■ししこり ▽解説  國松良康氏蔵、福岡県立美術館寄託の化物尽くし絵巻に描かれている妖怪です。  その姿は他の絵巻などでおとろし、おどろおどろと名付けられているものとほぼ同一です。  詞書には次のような話が記されています。  豊前国奈良林という ...

■塗壁[ぬりかべ] ▽解説  福岡県遠賀郡の海岸でいう妖怪です。  夜道を歩いていると、突然行く先が壁となり進めなくなることがあります。  このとき、棒で下を払うと壁は消えますが、上を叩いてもどうにもならないといいます。  米国ブリガムヤン ...

■濡女[ぬれおんな]▽解説 島根県石見地方、長崎県、福岡県などでいう、水辺に出現する女の妖怪です。 九州では濡れ女子とも呼ばれます。 『百怪図巻』『画図百鬼夜行』などには、人面蛇体の女の妖怪として描かれています。 島根県石見地方での濡女は、海岸に牛鬼の斥 ...

↑このページのトップヘ