タグ:異類嫁

■蛇女房[へびにょうぼう]▽解説 日本各地に伝わる異類婚姻譚のひとつで、人間の女に化けた蛇が男の嫁となるものです。 正直者の貧しい男が旅の娘を家に泊めてやったところ、娘はそのまま男の嫁となって共に暮らすようになります。 やがて二人の間には男の子が生まれま ...

■カパㇳトノマㇳ▽解説 アイヌに伝わるカムイユーカラ(神謡)に登場する女神で、その名は「こうもり(kapat)奥方(tonomat)」を意味します。 天を住まいとし、縫物をして日々を過ごす蝙蝠の女神は、あるときアイヌコタン(人間界)から聞こえてきた、菜摘みに出た女たちの口 ...

■雌鶏婆[めんどりばば]▽解説 岩手県遠野に伝わる妖怪です。 ある所に夫婦が暮らしていました。 いくら働いても暮らしは一向に良くならず、世を儚んだ夫は、あるとき「いっそのこと狼にでも食われて死んでしまった方がいい」と山奥に赴き、狼の巣である岩穴の前に身を ...

■百足女房[むかでにょうぼう]▽解説 滋賀県甲賀郡には「むかで女房」という短い昔話が伝わっています。  むかでは体は黒いのに足は赤という取り合わせがかわいらしいので「むかでを嫁さんにほしい」と言った人がいました。 ところがいざ嫁に迎えてみれば、むかでのた ...

■氷柱女房[つららにょうぼう]▽解説 東北地方や新潟県などに伝わっているもので、氷柱女、しがま女房、すが女房、かねこおり女房などの呼び名もあります。 ある若者が軒に下がった氷柱を鋸で切りながら「この氷柱のように美しく、色の白い女房がほしい」と呟きます。  ...

■ゴリラ女房[‐にょうぼう]▽解説 沖縄県の「読谷村民話資料集」の一編として刊行された『儀間の民話』(昭和58年)には、大正五年生まれの話者による「ゴリラ女房」という民話が収録されています。 ある所に、島々を探検してまわる五、六人の若者の集まりがありました。 ...

■鶴女房[つるにょうぼう]▽解説 鶴が人間の女に姿を変え、助けてくれた人に恩返しをするという「鶴の恩返し」の話は日本各地に伝わっており、現在も絵本などを通じて広く知られています。 この種の話のうち、鶴が主人公である男の妻となって報恩する展開のものは「鶴女 ...

■巴[ともえ] ▽解説  『西鶴諸国ばなし』には「鯉の散らし紋」と題した次のような話があります。  河内国の「内助が淵」の水は、昔から干上がったことがないといわれています。  かつてこの池の堤には、内介(ないすけ)という漁師が一軒家を建て、妻 ...

■伊勢海老女房[いせえびにょうぼう] ▽解説    佐賀県鳥栖市に伝わる妖怪です。  昔、ある所の川で美しい女が洗濯をしていました。  通りかかった男は彼女に一目惚れし、早速「りっぱな娘嬢じゃけんで、おれの嫁になってくれまいか」と申し込みました。 ...

↑このページのトップヘ