タグ:現代怪異

■トイレの花子さん[‐はなこ‐]▽解説 主に日本全国の小学生の間で噂される、学校のトイレに出没する少女の霊です。 1980年代から「学校の怪談」流行期の90年代に最もよく語られたといわれますが、その数十年以前から原型となる話が伝わっていたようです。 全国 ...

■耳かじり女[みみ‐おんな]▽解説 都市伝説と呼ばれる話のうちよく知られるもののひとつとして、耳のピアス穴から出ていた謎の白い糸を引き抜いたところ、実はそれが視神経であったために失明してしまうというものがあります。 「耳かじり女」はこの話から派生した怪談 ...

■姦姦蛇螺[かんかんだら]▽解説 インターネット上で広まった怪談のひとつに登場する妖怪で、朝里樹著『日本現代怪異事典』によれば、初出は2009年3月にウェブサイト『ホラーテラー』に投稿されたものであるといいます。現在では、インターネット掲示板『2ちゃんねる』オ ...

■隙間女[すきまおんな]▽解説 都市伝説として語られる怪談に登場する妖怪です。 壁と家具の数センチ、数ミリほどの、人が入ることなど不可能な隙間から姿を現す女の怪だといいます。 独り暮らしの学生が自室で不意に視線を感じて周囲を調べていると、箪笥と壁の数ミリ ...

■テケテケ▽解説 主に下半身が欠損した人間の姿をした亡霊、妖怪の類として語られるもので、噂は1980年代から90年代頃に広く流布したようです。 手や肘を盛んに動かして接近してくる際の擬音が「テケテケ……」であることからこの名で呼ばれるものと一般的には理解されて ...

■ひきこさん▽解説 2000年代にインターネット上で発信されはじめ、テレビ番組など他のメディアにも取り上げられつつ広まった現代の怪談に登場するものです。 ひきこさんは雨の日に子供の亡骸を引きずって現れる白い着物を纏った女性であるといい、目尻と口角は裂けており ...

■人面犬[じんめんけん]▽解説 『街談文々集要』『我衣』など近世の随筆類や明治期以降の各種新聞紙には、人のような顔をした畸形とみられる犬が生まれたという記事が散見されます。 このような犬の誕生には人間の行いが関わっていたり、因果話が語られることもあります ...

■口裂け女[くちさ‐おんな]▽解説 1979年(昭和54年)頃、主に小学生の間で盛んに噂された怪女で、登場以来、各種の妖怪を扱った書籍等でも「現代の妖怪」の代表格として頻繁に取り上げられてきました。 「口裂け女」が現れるという噂は現実味を帯びて日本全国に広がり、 ...

↑このページのトップヘ