タグ:玩具

■どんどろ▽解説 昭和30年代頃から静岡県伊東市で土産物として販売されていた民芸品です。 木製の台座に紙粘土などを素材として作った奇怪な頭部を据えたもので、「どんどろ人形」「伊東のどんどろ」などの呼び名で知られています。 人形の由来書によれば、これは徳川家 ...

■べろ長[-なが] ▽解説  福島県会津地方でいう妖怪です。  磐梯山付近の川や沼の水を長い舌で吸い上げ干からびさせたり、吸った水を村に向け吐き出して洪水を起こすなどの悪事を働いたといいます。  あるとき、べろ長に困った農民達が偶然この地を訪れて ...

■亀山の化物[かめやま-ばけもの] ▽解説  江戸時代から浅草で販売されている玩具で、「とんだりはねたり」とも呼ばれます。  割竹で作った台の上に被り物を着けた小さな人形を取り付けたもので、竹片のバネが仕込まれています。このバネによって玩具が一回 ...

■おばけの金太[‐きんた] ▽解説  熊本県に伝わる郷土玩具です。  黒烏帽子をかぶり、真っ赤な顔をした男のからくり人形で、後部の紐を引っ張ることで目を見開き、舌を突き出します。  19世紀中頃から作られ始めたといい、そのモデルとなったのは加藤清 ...

↑このページのトップヘ