タグ:獅子

■唐獅子童子[からじしどうじ]▽解説 江戸時代の絵本『猿の山入唐獅子童子』は、源頼光主従による酒呑童子退治の物語の登場人物をすべて動物に置き換えて展開したもので、鬼の頭領である酒呑童子に相当する存在は「唐獅子童子」となっています。 唐獅子童子に挑むのは猿( ...

■洟垂獅[はなったらしし]▽解説 曲亭馬琴の読本『夢想兵衛胡蝶物語』にあるものです。 漁師の夢想兵衛は夢うつつの心地でいるとき出会った浦島仙人から釣竿を授けられます。この竿を骨として作った凧に乗って飛び立った夢想兵衛は、大千世界を見極めるべく異国異郷を巡 ...

■シーサー▽解説 沖縄地方で知られる魔除けの像の一種で、名前は「獅子」を琉球語で発音したものです。 その源流は大陸や本州の獅子、あるいは狛犬の像などと共通し、古代オリエントのライオンまでさかのぼることができるといわれています。 火災や悪霊の類を退けるため ...

■獅子[しし]▽解説 獅子は古代中国でライオンをもとに想像された獣で、ライオン自体の呼称としても通用しています。 古来、獅子(唐獅子)は百獣の王、瑞獣と考えられ、美術品の意匠として巻毛の鬣を蓄えた勇壮な姿で描かれてきました。 また、獅子の身に生じて肉を食い ...

■怖獅子[おそれじし]▽解説 幕末に流布したと考えられる風刺画『怖獅子花畠ニテ一橋戯図』に描かれた獣です。  図にある怖獅子の顔と胴体は「会津」の文字で構成され、花の咲き乱れる橋の上に立っています。 獅子は美濃生まれで東国育ち、徘徊して人を傷つけるなど ...

↑このページのトップヘ