タグ:猿

■ヒーヒ猿[‐ざる]▽解説 岡山県御津郡に伝わる妖怪です。 『現行全国妖怪辞典』(佐藤清明著、昭和10年)によれば、これは病人に憑いて無神経にさせるものだといいます。  ...

■シラサ猿[‐ざる]▽解説 秋田県由利郡に伝わるものです。 庄内山の「屏風」と呼ばれる、風にも翻ってしまいそうなクラ(絶壁)の上にいたという大猿で、何年生きたものか、全身が真っ白な毛に覆われ、いかなる猟師もこの猿には手を出せませんでした。 明治の頃、「山で ...

■川猿[かわざる]▽解説 「川猿」という妖怪に関する記述は『妖怪門勝光伝』と『三河雀』にあるものが現在よく引用されて知られています。 『妖怪門勝光伝』によれば、川猿は童子の姿となり、人語を操って狐のように人間を化かし害することがあるといいます。 しかし、 ...

■さるつら小僧[‐こぞう]▽解説 江戸時代に作られた妖怪かるたの一種にみられる妖怪です。 「さるはしのさるつら小僧」という読み札で、絵札には名前のとおり猿のような顔をした小僧が描かれています。 後に水木しげるがこの絵を下敷として「川猿」の妖怪画を制作しま ...

■猿猴[えんこう]▽解説 「猿猴」とは猿類、特に手長猿を指す呼び名ですが、手長猿が生息しない日本では河童のような妖怪としても伝えられました。 猿猴、またはそれに類する妖怪名(エンコ、エンコザル、エンコボ、エンコドンなど)は東北から九州にかけての各地に分布し ...

■猿があち[さる‐]▽解説 『異魔話武可誌』に「下野国大矢山の猿かあち」として描かれた妖怪です。 滝の近くの岩窟で馬の足に食らいつく大猿で、地面には獲物の骨が散乱しています。 「かあち」は下野地方の方言で「かわり」の意らしく、猿かあちとは猿の化物といった ...

■狒々[ひひ]▽解説 狒々(比々)は日本の各地で山間部に棲むといわれていた怪獣で、猿を大きくしたような姿、あるいは年功を経た猿が化したものなどと考えられました。 もとは中国に伝わるもので、『本草綱目』によれば、狒々は大陸の南西に棲息しており、人のような形を ...

■猿鬼[さるおに]▽解説 石川県能登地方に伝わる妖怪です。 鳳至郡柳田村の大西山に棲む猿の頭領は、名を善重郎といいました。善重郎はその名のとおり善良な猿でしたが、かれに従う猿のうち一匹が山麓の人々に害をなす荒くれ者でした。 怒った善重郎に追放された猿は岩 ...

■船越村の奇怪[ふなこしむら‐きかい]▽解説 『閑窓瑣談』に記されている怪異です。 享保元年(1716)六月の出来事です。 武州崎玉郡の船越村には佐五右衛門という百姓が家族五人で暮らしていました。子は三人で、十五、六歳の兄と十二、三歳の弟、末は二歳の女の子でし ...

■おサゴさん ▽解説  新潟県西頚城郡青海町に伝わるものです。  青海町八久保にある松原の洞穴には「おサゴさん」と呼ばれる猿がいました。  この猿は糸魚川域へ入っては様々な道具を持ってきており、村人は婚礼や法事のときには、鶏や兎と引き換えにお膳 ...

↑このページのトップヘ