タグ:猿

■猿婿[さるむこ]▽解説 「異類婚姻譚」に分類される昔話のひとつで、日本全国に伝わっています。 「猿婿入り」「猿の婿様」とも呼ばれ、嫁入りする娘を主体として「猿の女房」などの題で記録されている場合もあります。 猿に耕作を助けてもらった男が、約束のために娘 ...

■孫悟空[そんごくう]▽解説 中国明代に大成した小説『西遊記』の登場人物です。  元は東勝神州・傲来国(ごうらいこく)花果山頂にあった仙石から出た卵から誕生した猿で、仲間の猿からは豪勇を讃えられ「美猴王」と崇められていました。 やがて不死の仙になることを志 ...

■ゴリラ女房[‐にょうぼう]▽解説 沖縄県の「読谷村民話資料集」の一編として刊行された『儀間の民話』(昭和58年)には、大正五年生まれの話者による「ゴリラ女房」という民話が収録されています。 ある所に、島々を探検してまわる五、六人の若者の集まりがありました。 ...

■もぬけ▽解説 天狗(山人)の里で生活していたという少年・寅吉の見聞をまとめた『仙境異聞』に記されているものです。 寅吉によれば、猿は年を経て凄まじく大きくなると、二足で立って歩き回り、長い頭髪を生じ、眼は殊の外に輝き、自在の術を会得するといいます。 この ...

■手の長き猿[て‐なが‐さる]▽解説 『化物和本草』にある妖怪です。  人面の猿が松の樹上から手を伸ばし、老人の財布を奪い取ろうとする場面が描かれています。  猿猴は水面の月を取ろうとした故事で知られていますが、この手長猿は財布の金をとるもので、鳴き声 ...

■さるすべり▽解説 『世界の妖怪全百科』で紹介されている妖怪です。 昔、ある猟師が一匹の大猿を捕えました。 この猿は人間の言葉が話せるうえ、猟師の未来まで占ってみせました。気味が悪くなった猟師はあわてて大猿を逃がしたといいます。 この記述は典拠不明であり ...

■三目猴猿[みつめこうえん]▽解説 薩摩に伝わる大石兵六の物語を描いた『大石兵六物語絵巻』に登場する妖怪のひとつです。  薩摩・吉野の悪狐退治に赴いた大石兵六は、既に宇蛇や簑姥上といった化物に驚かされ、早くも消魂の気配。  振り返りもせず、ひたすら突き進 ...

■三つ眼の旧猿坊[み‐め‐きゅうえんぼう]▽解説 『大石兵六夢物語』に登場する妖怪の一種です。 薩摩の吉野の原に出没し、往来の人を誑かして坊主頭にしてしまう化け狐の退治に出向いた荒くれ者の青年・大石兵六は、次々に現れた茨木童子、重富一眼坊、そして二人の抜 ...

■ヒーヒ猿[‐ざる]▽解説 岡山県御津郡に伝わる妖怪です。 『現行全国妖怪辞典』(佐藤清明著、昭和10年)によれば、これは病人に憑いて無神経にさせるものだといいます。  ...

■シラサ猿[‐ざる]▽解説 秋田県由利郡に伝わるものです。 庄内山の「屏風」と呼ばれる、風にも翻ってしまいそうなクラ(絶壁)の上にいたという大猿で、何年生きたものか、全身が真っ白な毛に覆われ、いかなる猟師もこの猿には手を出せませんでした。 明治の頃、「山で ...

↑このページのトップヘ