タグ:猫

■岡崎の化け猫[おかざき‐ば‐ねこ]▽解説 文政十年(1827年)初演、四世鶴谷南北作の歌舞伎『独道五十三駅(ひとりたびごじゅうさんつぎ)』は東海道の各宿場を舞台に劇が展開されるという趣向で、その中に十二単を着た化け猫が登場するくだりがあります。これを元にした話 ...

■有馬の化け猫[ありま‐ば‐ねこ]▽解説 講談などを通して広まった化け猫話のひとつで、俗に鍋島、岡崎の化け猫と共に三大化け猫に数えられています。 江戸は赤羽にあった久留米藩有馬家の江戸屋敷を舞台にした怪猫譚で、岡崎の化け猫に次いで多く映画化もされています ...

■鍋島の化け猫[なべしま‐ば‐ねこ]▽解説 実録本、芝居や講談の演目として江戸時代後期から明治頃に広く知られた怪猫譚のひとつで、肥前国佐賀藩の御家騒動にまつわる風聞を脚色して作られた物語です。 俗に岡崎、有馬の猫と共に三大化け猫のひとつに数えられ、明治末 ...

■出世猫[しゅっせねこ] ▽解説  『駿国雑志』に、駿河国安倍郡府中城(駿府城)内の怪異として記されているものです。  城の大手門より内、河内屋敷には一匹の黒猫がいるといわれていました。  たまたまこれを見かけた者は幸運に恵まれるといい、それが ...

■火車[かしゃ] ▽解説  生前に罪を犯した亡者を迎えて地獄に送る、あるいは地獄で罪人を責める道具として、車輪部分が燃え盛る火炎になっている車(火車、火の車)が用いられると考えられてきました。  各種の説話集などには悪業の報いとして、この火車が罪 ...

■猫神[ねこがみ] ▽解説  中四国地方などには、犬神と同様の性質を持つ憑物として猫神と呼ばれる妖怪が伝承される地域があります。  『茅窓漫録』には「西国雲州辺りに狐蠱犬蠱あり。俗に犬神といふ。四国に蛇蠱あり。俗に土瓶といふ。備前、備後の猫神、 ...

■猫又[ねこまた]▽解説 各種の文献や民間伝承にある妖怪です。 猫は年を経ると尾が二股に分かれ、人語を話す、踊りを踊る、あるいは人畜に危害を加えるなど様々な怪異をなすようになると考えられていました。 猫又の名は古くから知られていたらしく、『明月記』には ...

■虎にゃあにゃあ[とら-]▽解説 『怪奇談絵詞』に描かれている妖怪です。 絵巻の中に二ヶ所、計三体が描かれており、詞書には「禅宗の経文に、とらにゃあにゃあと云は是なり。慾深坊主の顔に似たり。丁銭を好んで、銭筒の竹に住む。しかも、だいのねこなでなり」「子が ...

↑このページのトップヘ