タグ:猪

■ヨーシーグサル▽解説 17世紀オランダのアルノルドゥス・モンタヌスが著した『東インド会社遣日使節紀行』(1669年。英題を訳した『日本誌』の名でも知られる)は江戸参府を果たしたオランダ使節団による日本の紀行という体裁の書物で、各国語に訳されて当時の欧州で広く読 ...

■遮文荼[しゃもんだ]▽解説 遮文荼は仏教の経典にみえる鬼神のひとつです。 猪の頭に人の体をもつ女神で、焔摩天(閻魔)の妃にして、焔摩の眷属である七母天の筆頭に数えられる存在です。 密教の思想を仏尊の図像の配置によって表現する胎蔵界曼荼羅では外金剛部院と呼 ...

■猪八戒[ちょはっかい]▽解説 中国明代の小説『西遊記』の主要登場人物のひとりで、取経のため天竺を目指して旅をする三蔵法師に弟子入りし、孫悟空、沙悟浄と共に法師に同行する豚または猪の妖怪です。 前世は人間、後に天上界で天の川の管理や水軍の指揮を担う天蓬元 ...

■魑魅[ちみ]▽解説 「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」といえば『春秋左氏伝』を出典とする故事成語で、種々の妖怪変化の総称、化物の言い換えとして用いられています。 この四字のうち「魑魅」が山林の気から生じる妖怪で、「魍魎」が山川木石の精であると分けて説明される ...

■賁豚[ほんとん]▽解説 漢方医学や鍼灸の分野において、臍の辺りから気がこみ上げるような発作、動悸を生じる病状を奔豚(賁豚)、奔豚気と呼び、その病巣は腎臓であると考えられていました。 体内に生じて様々な病を引き起こす虫たちの図像が収められていることで知られ ...

■猪婿[いのししむこ]▽解説 中四国地方では「猿婿入」型の昔話のひとつとして、猪と人間の娘が婚姻する話が伝わっています。 広島県比婆郡敷信村での例です。 昔、爺さんと三人の娘が暮らしていました。爺さんが荒れた畑を耕そうとしていると猪が現れて、娘のうち一人 ...

■海の猪[うみ‐いのしし]▽解説 種子島に伝わる昔話では、鯨はもと陸に、猪は海に棲んでいたと語られています。 昔、鯨は陸に棲んでいました。 ひとたび獲物を求めて野原や山を歩き回ると、木々は押し倒され堤は崩れて洪水が起こり、兎でも取り逃がそうものなら地団太 ...

■山鯨[やまくじら]▽解説 肉食禁忌の意識がまだ根強かった江戸時代後期、獣肉を売り、あるいは食べさせる店(ももんじ屋)では猪のことを「山鯨」という隠語で呼びつつ、公然と客に提供していました。猪肉が鯨肉に似ていたため、また鯨の一種すなわち魚の肉であるというこ ...

■猪の怨霊[いのしし‐おんりょう]▽解説 宮負定雄『奇談雑史』には、熊野本宮大社の神官である竹内太夫が語ったという「猪の怨霊の事」なる話があります。 文化(1804~1818)年間のことです。 奥州某所にひとりの狩人がいました。彼は猪や鹿を獲物として、山中に造った ...

■猪の化物[いのしし‐ばけもの]▽解説 大町桂月著『絵入訓話』(大正5年)の「百鬼晝行」で紹介されている四十一種の人の気質を風刺した妖怪のうち、四十番目に挙げられているものです。 平福百穂による挿絵では二本足で立つ猪の姿で描かれています。 筆者は「猪の化物」 ...

↑このページのトップヘ