タグ:狸

■びいがん御坊[‐ごぼう] ▽解説  『異魔話武可誌』に「びいがんこ坊」の名で描かれたもので、後に十返舎一九が改竄本『列国怪談聞書帖』で「びいがん(弭已介牟)御坊」なる妖怪と解釈して物語を付け加えました。  『列国怪談聞書帖』「びいがん御坊」は ...

■おきよさん ▽解説  兵庫県三原郡広田村に伝わる狸です。  淡路島の広田村門内の藪に棲むという狸で、明治の頃には次々と人に祟ったといわれています。  「おきよさん」という呼び名の由来は、門内に昔住んでいた「おきよ」という女だとされています。 ...

■馬の足[うま-あし] ▽解説  馬に関する怪異の中には、その足だけが出現するというパターンがいくつか確認されています。   福岡県の伝承には、夜になると古塀から出た木の枝に馬の足がぶら下がっていることがあり、その下を通ると蹴飛ばされるというもの ...

■隠神刑部[いぬがみぎょうぶ] ▽解説  愛媛県松山市に伝わる化け狸で、「松山騒動」の講談に登場することで知られています。  隠神刑部は神通力を具えた伊予松山の狸の総大将で、八百八匹の眷属(八百八狸)を従えていたといいます。久万山の岩屋を棲み処と ...

■白徳利[しろとっくり] ▽解説  徳島県板野郡撫養町に伝わる化け狸です。  白い徳利に化けて地上を転がり、人がそれを押さえようとすると、またころころ転がるために捕まえることができません。 ▽関連 ・狸  やってることが無邪気で和 ...

■赤殿中[あかでんちゅう] ▽解説  徳島県鳴門市大麻町大谷に伝わる化け狸です。  夜中、赤い殿中(殿中羽織。袖のない羽織)を着た子供に化けて現れ、道行く人に負うてくれ負うてくれと言ってしつこく纏わりつきます。  仕方なく背負ってやると、いかにも ...

■兎狸[うさぎだぬき] ▽解説  徳島県三好郡に伝わる妖怪です。  昼間村と辻町の間、吉野川沿いの高岡という小丘にいた化け狸で、その呼び名の通り兎に化けてそろそろと走り、捕まえやすい獲物と思って追ってきた人に高岡を何度も走り回らせて化かしたとい ...

■赤ぎんたま[あか‐] ▽解説  徳島県美馬郡脇町に伝わる化け狸です。  サクラ小路という場所に、赤い大睾丸をぶらぶらさせながら化けて出たといいます。 ▽関連 ・狸  どうですか。この直球のネーミング。素晴らしいと思いませんか。拍 ...

■狸の腹鼓[たぬき-はらつづみ] ▽解説  狸は月夜などに野へ出て、腹を鼓のように叩いて楽しみ興ずるといわれます。  明治十五年の『朝野新聞』には次のような記事が掲載されています。  西京本町通りの三弦指南、竹山久江と弟子達が納涼の酒宴を終え、愛 ...

■狸火[たぬきび]▽解説 狸が灯すとされる怪火で、各地に伝承があります。 徳島県三好郡山城谷村には、次のような狸火の話が伝わっています。 大正二年、秋も末頃の夕方のこと、山中から一隊の提灯の火が現れました。 その中には梔子燈籠らしき青白い光も混じってい ...

↑このページのトップヘ