タグ:狐

■髭女[ひげおんな]▽解説 草双紙『化物一家髭女(ばけものひとつやのひげおんな)』に登場するもので、悪人・横川郷介を脅かす化物の一体として現れます。 横川郷介という侍は、あるとき亀崎権之進の娘おまんに惚れ、どうにか口説き落とそうとたびたび文などを送っていま ...

■北向きの隠居[きたむ‐いんきょ]▽解説 青森県三戸郡階上村に伝わる話に登場する化け狐です。 昔、ある村に美濃見藤蔵という名の狩人がいました。 いつものように山へ狩りに出かけて昼飯を食っていたところ、向こうの山際で一匹の子狐が雉の羽毛をむしり取っている様 ...

■百丈野狐[ひゃくじょうやこ]▽解説 中国唐代の禅僧・百丈懐海にまつわる逸話で、宋代に編まれた公案集『無門関』にも引かれて広く知られているものです。 百丈和尚の説法があるとき、いつも大衆の後ろで聴聞する一人の老人の姿がありました。聴衆が去ると、この老人も ...

■ぬらりひょん▽解説 薩摩に伝わる『大石兵六物語絵巻』に登場する狐が化けた妖怪の一種で、主人公の若侍・大石兵六を脅かすために現れます。 巧みに人を騙し、髪を剃り落としてしまう薩摩の悪狐たち。その退治に出かけた大石兵六ですが、既に宇蛇、簑姥上、三目猴猿とい ...

■尾花狐[おばなぎつね]▽解説 歌舞伎舞踊(所作事。長唄を伴奏とする舞踊劇)の演目『柳雛諸鳥囀(やなぎにひなしょちょうのさえずり)』は、六つの舞踊を同じ演者が早変わりしながら舞うもので、宝暦十二年(1762)に江戸市村座で二代目瀬川菊之丞が初演しました。 同作に含 ...

■黄蔵主[おうぞうす]▽解説 『続三州奇談』に記されている加賀の化け狐です。 七窪の地は越の高浜とも呼ばれ、土地が丘のように七ヶ所も上がり下がりしているうえ、風が砂を吹きつけてくるため、旅人にとっては難所のひとつとなっていました。夏は砂が焼けて歩み難く、 ...

■沢蔵司[たくぞうす]▽解説 東京都文京区小石川の沢蔵司稲荷は、元和六年(1620)に小石川伝通院内に祀られたのが始まりで、その数年前に伝通院の学寮に入った沢蔵司という僧が由来とされています。 優秀な沢蔵司はわずか三年ほどで浄土教の奥義を極め、元和六年の五月七 ...

■白蔵主[はくぞうす]▽解説 狂言『釣狐』では、狐罠のために一族をみな失った老狐が、罠を仕掛けた猟師の叔父にあたる白蔵主という僧に化けて彼の前に現れ、狐釣りをやめさせようとします。 狐の白蔵主は玉藻前狐が殺生石に変じた故事を引いて殺生を戒め、今後の狐釣り ...

■山辺赤蟹[やまべのあかかに]▽解説 『大石兵六夢物語』に登場する妖怪の一種です。 往来の人を誑かして頭髪を剃りあげてしまう薩摩・吉野の原の化け狐退治に挑んだ大石兵六は、次々に出現する化物たちの異様な姿にすっかり恐れをなし、一刻も早く鹿児島に逃げ帰って策 ...

■三目猴猿[みつめこうえん]▽解説 薩摩に伝わる大石兵六の物語を描いた『大石兵六物語絵巻』に登場する妖怪のひとつです。  薩摩・吉野の悪狐退治に赴いた大石兵六は、既に宇蛇や簑姥上といった化物に驚かされ、早くも消魂の気配。  振り返りもせず、ひたすら突き進 ...

↑このページのトップヘ