タグ:牛

■牛頭[ごず] ▽解説  地獄で罪人を責めたてる獄卒たちは様々な動物の頭をしていますが、なかでも牛馬の頭をもつものは牛頭馬頭と称して獄卒の代表格とみなされ、数々の地獄絵にその姿をみることができます。  説話集には現世に現れた牛頭についての記述 ...

■広虫女[ひろむしめ] ▽解説  『日本霊異記』「非理を強ひて以て債を徴り多の倍を取りて現に悪死の報いを得し縁」に登場する人物です。  田中真人(たなかのまひと)広虫女は、讃岐国美貴郡の大領・外従六位小屋県主宮手の妻でした。  八人の子を産み、財 ...

■龕の精[がん-せい] ▽解説  沖縄県山原地方に伝わる妖怪です。  龕とは死体を収めた棺を入れる輿のことで、これの精霊が怪異をなすと考えられていました。  今帰仁村運天のブンブン坂(ビャー)という所に、大きな牛になったり馬になったりして向かってく ...

■トンゾウ ▽解説  岩手県下閉伊郡岩泉町に伝わる妖怪です。  鼠入川の館石分家に、佐平殿と呼ばれる優れたマタギがいました。  ある日の夕方、佐平殿は宮ノ沢という所へ狩りに出ましたが、どういう訳かその日に限って少しも鹿が寄ってきません。  夜明 ...

■海牛[うんむし] ▽解説  鹿児島県垂水市、鹿児島湾沿いの地域でいう妖怪です。  角の生えた黒い牛の姿をした化物で、恐ろしい咆哮と共に海から現れるといいます。  海牛が現れるのは盆の後の27日と決まっており、人々はこの日に海へ出ることはなかった ...

■牛鬼[うしおに]▽解説 近畿、中国、四国、九州など各地に伝わる妖怪で、牛鬼と書いてギュウキ、ゴキとも読ませる場合もあります。 牛の姿をした凶暴な化物で、人畜に害をなすといいます。 多くの場合淵や滝などの水辺に出現するものとされ、近畿や四国には牛鬼淵、 ...

■牛モーモー[うし-] ▽解説  『民間伝承』6巻8号、入江貫一による会員通信に記されているもので、因州鳥取地方にはこのような名の怪物がいるといいます。  丑年最後の妖怪図鑑更新です。  何をするのか、どんな姿なのかも分からない奴なので適当に ...

↑このページのトップヘ