タグ:滋賀県

■蚊の精[か‐せい]▽解説 狂言「蚊相撲」に登場するものです。 家来を一人しか持たないとある大名は、新参者を召し抱えようと思い立ち、ふさわしい者を探してくるよう召使いの太郎冠者に命じます。 街道へ出た太郎冠者は、折よく奉公先を求める相撲取りの男と出会いま ...

■犬神明神[いぬがみみょうじん]▽解説 飼い犬や猟犬が我が身を犠牲にして大蛇に狙われた主人を助けようとする伝説は日本各地に残されています。 その中の一類型としてよく知られているのが、犬が蛇を威嚇していると知らない主人が、自分の方を向いて荒れ狂う犬を不審が ...

■甚六[じんろく]▽解説 『善悪報ばなし』にある「死したるもの犬に生るる事」は、人間から犬に転生した男の話です。 かつて江州守山の近郷には甚六という男がいました。 彼は生涯を通して慳貪愚痴(貪欲で無慈悲にして道理を知らないこと)であり、家内の者に対してもい ...

■赤入道[あかにゅうどう]▽解説 『ばけもの絵巻』に描かれている妖怪のひとつです。 近江国、武佐のある寺の藪には赤入道という化物が出ると噂されていました。 ある男は時折この寺の留守番を務めることがありながら、このような化物はいないと断言していました。 人 ...

■百足女房[むかでにょうぼう]▽解説 滋賀県甲賀郡には「むかで女房」という短い昔話が伝わっています。  むかでは体は黒いのに足は赤という取り合わせがかわいらしいので「むかでを嫁さんにほしい」と言った人がいました。 ところがいざ嫁に迎えてみれば、むかでのた ...

■百足[むかで] ▽解説  ムカデ(百足、蜈蚣)は中国や日本各地に怪しい虫としての伝承が残されています。  『和漢三才図会』には、南方には一丈以上の大蜈蚣がいて牛を襲って喰うとの記述があります。  この大蜈蚣の革は太鼓の材料に、肉は食料として土地 ...

■目玉しゃぶり[めだま-] ▽解説  南條武『完全図解 妖怪ミステリー』やその他の児童書などで紹介されている妖怪です。986年に近江瀬田の唐橋に現れたとされています。  橋に立つ美女が旅人に箱を渡し、中身を見ず橋の袂にいる別の女に届けてほしいと言います ...

 ■ミズシ▽解説 石川県能登地方、加賀市、滋賀県近江地方でいう河童です。 ミズシあるいはミヅシと表記しますが、その語源は水神である「みずち(蛟)」と考えられます。 奥能登の海岸部では、スイカやキュウリを食べて海に入るとミズシに引き込まれ、内臓を引き抜かれて ...

■地黄煎火[じおうせんび] ▽解説  『絵本小夜時雨』にある怪火です。  江州水口の泉縄手に、膝頭松という大木がありました。  そこで地黄煎(地黄を煎じた汁を練りこんだ飴)を売り、少しの金を蓄えている者がいましたが、盗賊に殺害されて金を奪い取られ ...

↑このページのトップヘ