タグ:海外

■天呉[てんご]▽解説 大陸に古くから伝わる水神の一種です。  中国古代の地理書『山海経』「海外東経」によれば、天呉は朝陽の谷に棲む神で水伯(水神)であるといいます。二つの川の間にいて、その姿は八首人面にして八足八尾。全身あるいは背中が青黄色だといいます。 ...

■ゴリラ女王[‐ じょおう]▽解説 春海堂主人編『現代心中ばなし』(大正5年刊)は、当時の新聞で報道された心中事件などを紹介する書籍で、その中に「ゴリラ女王の戀」という一編があります。 大正三年(1914)八月、犀角採集のためにボルネオ・サンテンフに上陸した某氏の ...

■鸑鷟[がくさく]▽解説 鸑鷟(がくさく)は鳳凰の一種とされる神鳥で、中国後漢時代の字書『説文解字』にも既にその名がみられます。 南宋の王応麟による『小学紺珠』によれば、五種の鳳凰の仲間のうち、毛色に紫が多いものを鸑鷟と呼ぶといいます。 丹穴山に住む瑞祥の ...

■猪八戒[ちょはっかい]▽解説 中国明代の小説『西遊記』の主要登場人物のひとりで、取経のため天竺を目指して旅をする三蔵法師に弟子入りし、孫悟空、沙悟浄と共に法師に同行する豚または猪の妖怪です。 前世は人間、後に天上界で天の川の管理や水軍の指揮を担う天蓬元 ...

■魑魅[ちみ]▽解説 「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」といえば『春秋左氏伝』を出典とする故事成語で、種々の妖怪変化の総称、化物の言い換えとして用いられています。 この四字のうち「魑魅」が山林の気から生じる妖怪で、「魍魎」が山川木石の精であると分けて説明される ...

■当康[とうこう]▽解説 当康(當康、當庚)は中国の書物に記されている獣の一種です。  地理書『山海経』「東山経」によれば、当康は金や玉が豊富な欽山という山に住んでおり、その姿は豚のようで牙があるといいます。鳴くときは我が名を呼ぶ、とあり、当康という名がそ ...

■陰摩羅鬼[おんもらき]▽解説 漢訳仏典を総集した『大蔵経』にその名があるとして紹介される怪鳥です。 林羅山による怪異小説集『怪談全書』には、中国宋代、廉布の『清尊録』にあるものを訳した「陰摩羅鬼」の話が収録されています。 宋の時代、鄭州の崔嗣復(さいしふ ...

■魍魎[もうりょう]▽解説 「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」といえば種々の妖怪変化の総称として用いられる四字熟語で、『春秋左氏伝』宣公三年の条にみえる語句が由来といわれています。山林の木から生じる妖怪が魑魅、山川木石の精怪が魍魎(罔両、罔象、方良、蝄蜽)とされ ...

■ラガル▽解説 ポルトガル語「lagarto」はトカゲを意味する言葉で、『日葡辞書』では竜が訳語としてあてられています。  これと語源を同じくすると思われる「ラガルト」という海外の生物の記述が、江戸時代中頃の『華夷通商考』にも見られます。 「ラガルト」という魚の ...

■落斯馬[らしま]▽解説 イエズス会宣教師で清の康熙帝にも仕えたフェルディナント・フェルビースト(漢名・南懐仁。1623~1688)が著したとされる漢訳世界地誌『坤輿外紀』には、海獣の一種として「落斯馬」なるものが挙げられています。 曰く、その体長は四丈ほど、尾は ...

↑このページのトップヘ