タグ:河童

■禰々子[ねねこ] ▽解説  禰々子(祢々子)は利根川に棲むといわれた雌の河童です。  赤松宗旦の『利根川図志』(安政2年)には「刀祢川に子ヽコといへる河伯あり」と図入りで紹介されています。  ネネネコは年々その居場所を替えて各地域の人々に害をなした ...

■鼈[すっぽん] ▽解説  すっぽん(鼈、泥亀)は各地で妖怪視されていました。河童と同じような性質が伝えられることも多く、たとえば京都府や兵庫県などでは人を水中に引き込むことがあるといわれていました。  執念深い性質から人に祟りをなした話も多く伝わ ...

■水虎[すいこ] ▽解説  もとは中国に伝わる妖怪で、日本では主に河童の別名として用いられ、長崎県や青森県などでは伝承上に水虎の名がみられます。  『本草綱目』によれば、水虎は三、四歳の小児のようで鱗があり、膝頭が虎の爪に似ていると解説していま ...

■河太郎[かわたろう] ▽解説  河太郎、川太郎は河童の異称のひとつです。  東北から九州まで広く用いられる呼び名で、鳥山石燕も『画図百鬼夜行』「河童」の絵に「川太郎ともいふ」との詞書を添えています。   ▽関連 ・河童   ...

■ひょうすべ▽解説 佐賀県、宮崎県を中心に九州地方でいう河童の類です。 兵主部や兵揃と漢字表記される場合や、ヒョースンボ、ヒョースボー、ヒョスボなどと呼ばれていることもあります。 『百怪図巻』『画図百鬼夜行』などでは猿のような姿で描かれ、河童とは区別され ...

■カムロ▽解説 沖縄県でいう河童の類です。 カムロー、カーカンロー、インカムロとも呼ばれます。 カムロとは禿髪(おかっぱ)、カー、カワは水汲み場や井戸、インは海を意味するため、インカムロといった場合は海にも棲んでいると考えられていたようです。 また兵庫県 ...

 ■ミンツチ▽解説 アイヌに伝わる妖怪で、ミンツチカムイ、ミントチ、ニントチなどとも呼ばれます。 日本語では河童あるいは人魚と訳されます。 川や池、湖に棲む凶悪な人獣で、多くの事故を起こす存在だといいます。 その姿については様々な説があります。 赤い肌を ...

 ■ミズシ▽解説 石川県能登地方、加賀市、滋賀県近江地方でいう河童です。 ミズシあるいはミヅシと表記しますが、その語源は水神である「みずち(蛟)」と考えられます。 奥能登の海岸部では、スイカやキュウリを食べて海に入るとミズシに引き込まれ、内臓を引き抜かれて ...

■白坊主[しろぼうず] ▽解説  白い人型の妖怪で、静岡県、大阪府、三重県、広島県などにこの名の妖怪の伝承があります。  大阪府泉北郡取石村や三重県飯南郡では夜道で白坊主に出会うといい、一説には狸が正体であるともされますが、具体的な話が残ってい ...

■河童[かっぱ]  日本の代表的な水辺の妖怪です。  全国的に分布していると考えられ、川太郎、ガラッパ、シバテン、メドチ、ヒョウスベ、祇園坊主など、様々な呼び名の妖怪が「河童」として括られる場合があります。  利根川の禰々子や筑後川の九千坊など、 ...

↑このページのトップヘ