タグ:沖縄県

■鳥マジムン[とうぃ‐]▽解説 沖縄県に伝わるマジムン(妖怪)の一種で、鶏が化したものといわれています。 このような家畜のマジムンが姿を現すときは、さっと人の前を横切るものだといいます。▽関連・マジムン  ...

■シーサー▽解説 沖縄地方で知られる魔除けの像の一種で、名前は「獅子」を琉球語で発音したものです。 その源流は大陸や本州の獅子、あるいは狛犬の像などと共通し、古代オリエントのライオンまでさかのぼることができるといわれています。 火災や悪霊の類を退けるため ...

■大鯖[おおさば]▽解説 沖縄に伝わる妖怪で、18世紀初期に編まれた琉球の伝説集『遺老説伝』にも「大鯖魚」の名で記述があるものです。  昔、宮古郡伊良部の村主を務める豊見氏親という男がいました。 同じ頃、平良の海には大鯖が棲んでおり、通りかかる船があれば必 ...

■ゴリラ女房[‐にょうぼう]▽解説 沖縄県の「読谷村民話資料集」の一編として刊行された『儀間の民話』(昭和58年)には、大正五年生まれの話者による「ゴリラ女房」という民話が収録されています。 ある所に、島々を探検してまわる五、六人の若者の集まりがありました。 ...

■マジムン▽解説 沖縄県や奄美群島などでいう妖怪類の総称で、「蠱物(まじもの)」を琉球の言葉で発音したものです。 怪異の態様により様々に呼び分けられることもあり、赤子の霊であるアカングヮーマジムン、家鴨のアフィラーマジムンや豚のウヮーグヮーマジムンなどが紹 ...

■ピーシャーヤナムン▽解説 沖縄県に伝わるもので、山羊の幽霊であるといわれています。 全国の妖怪の名前を列挙する『現行全国妖怪事典』(佐藤清明著、昭和10年)にその名がありますが、同書に具体的な話や伝承の例は記されていません。 なお沖縄県山原地方には、野原で ...

■棺のマジムン[ひつぎ‐]▽解説 沖縄県国頭郡羽地村に伝わる妖怪です。 真喜屋の某氏がある深夜、隣字の稲嶺から帰ってくると、目の前を真白い山羊が通り過ぎていきました。 どこの山羊だろうと不審に思って追いかけ回した末、彼は稲嶺の浜で遂にこれを捕えて縛り上げ ...

■無鼻の怪[はなもー‐かい] ▽解説  沖縄県島尻郡喜屋武村に伝わる怪異で、琉球の伝説を収録した『遺老説伝』に記述があります。  喜屋武の上里村の海岸には不思議な場所がありました。  麓は新崎にあって、先端の七、八間ほどが海中に突出しており、俗 ...

■龕の精[がん-せい] ▽解説  沖縄県山原地方に伝わる妖怪です。  龕とは死体を収めた棺を入れる輿のことで、これの精霊が怪異をなすと考えられていました。  今帰仁村運天のブンブン坂(ビャー)という所に、大きな牛になったり馬になったりして向かってく ...

■乳の親[ちー-うや] ▽解説  乳の親(チーノウヤ、チーヌウヤ)は、沖縄県山原地方に伝わる妖怪です。  きわめて優しい顔つきの女の姿をしており、黒い洗い髪と大きな乳房も特徴的だとされています。  嬰児や六歳以下の子供が死んだときには、死後にこの ...

↑このページのトップヘ