タグ:水木しげる

■提灯お岩[ちょうちん‐いわ]▽解説 歌舞伎『東海道四谷怪談』では、夫である伊右衛門の策謀により非業の死を遂げたお岩の亡霊は、大詰の蛇山庵室の場面では様々なかたちで出現して伊右衛門たちを脅かし追い詰め、やがては死へと導きます。 その演出のひとつに、伊右衛 ...

■茶色の風[ちゃいろ‐かぜ]▽解説 水木しげるが自著で言及している少年期の体験で、『日本妖怪大全』など各種の妖怪を紹介する書籍の「精霊風」の項でふれられています。 子供の頃、「奇妙な心にさせる風」に出会ったことがあり、茂少年はこれを「茶色の風」という作文 ...

■ペロリ太郎[‐たろう]▽解説 水木しげるの著作などで紹介されている妖怪です。 たとえば、『日本妖怪大全』では次のような説明がなされています。 昔、ある所に「ペロリ太郎」と呼ばれる若者がいました。彼は食事の量がとてつもなく多く、一度の食事で十人前、二十人 ...

■化け鯨[ば‐くじら]▽解説 水木しげるの著作などで紹介されている妖怪です。 昔、島根の隠岐島あたりでは、夜になると不思議な鳥と共に奇怪な魚群が海岸に現れることがあったといいます。 その中には巨大な骨だけの鯨もいて、潮が引くと他の怪魚と共に沖へと出ていき ...

 ■金魚の幽霊[きんぎょ‐ゆうれい]▽解説 水木しげるの著作などで紹介されている妖怪です。 たとえば『日本妖怪大全』では、縄で縛られ金魚鉢に頭を突っ込まれて殺された「藻の花」という女性の恨みが、鉢の金魚に乗り移って「金魚の幽霊」となり、下手人である蓑文太( ...

■尻目[しりめ]▽解説 水木しげるの著書などで紹介されている妖怪です。 尻目は昔、京都の路上に現れたといわれています。 ある夜に侍が歩いていると、何者かが「ちょっと、ちょっと」と呼び止めました。 何者かと身構えていると、その男は突然着物を脱いで素っ裸にな ...

■百目[ひゃくめ] ▽解説  水木しげるの著作や、その他の児童書などで紹介されている妖怪です。  百目はその名の通り体中に百の目があり、昼間は眩しいため夜になってから出歩くとされています。  人に出会うと目玉だけが一個飛び出し、どこまでもついて ...

■手の目かじり[て‐め‐] ▽解説  水木しげるの著作で紹介されている妖怪です。  その絵姿と解説文から、『諸国百物語』の「ばけものに骨をぬかれし人の事」に登場する化物のことを指していると考えられます。  「ばけものに骨をぬかれし人の事」は、以 ...

■樹木子[じゅぼっこ] ▽解説  水木しげるの著作や、その他妖怪関連の書籍で紹介されている妖怪です。  多くの戦死者を出した戦場跡などで血を吸った樹が妖怪と化したもので、通行人を枝で捕えて血を吸うといいます。  この妖怪の具体的な伝承地や出 ...

■がしゃどくろ ▽解説  児童書などで頻繁に紹介されている巨大な骸骨の妖怪です。  戦死者や餓死者の恨みが集まって巨大な妖怪となったもので、夜間にがしゃがしゃと音を立てながらその姿を現し人間を襲うといわれています。  この妖怪は昭和期に創作 ...

↑このページのトップヘ