タグ:歌川国芳

■居候の幽霊[いそうろう‐ゆうれい]▽解説 十返舎一九作『化皮太鼓伝』の登場人物です。 化け物たちが暮らす世界で、世話好きの「穴主」ももんじいが、飲んだくれの白だわしの乱暴なふるまいに泣くおちよぼんを助けた頃の出来事です。 行くところのないおちよぼんを我 ...

■五郎左衛門狐[ごろうざえもんぎつね]▽解説 十返舎一九作『化皮太鼓伝』に登場する狐です。  木枯らしの森の狐の長「のまわり狐」のもとに手下を差し向け強盗をはたらいた結果、彼に力を貸す豪傑・見越入道に懲らしめられた安倍山の妖怪の頭領・山彦。 雪辱を誓って ...

■角兵衛狸[かくべえだぬき]▽解説 十返舎一九作『化皮太鼓伝』の登場人物のひとりとして活躍する化け狸です。 荒くれ者の妖怪・白だわしが地獄の鬼たちを相手に乱暴狼藉をはたらいた末に捕えられ、地獄へ連行されようとしていた時のことでした。 鬼たちの行く手に、目 ...

■安倍山の山彦[あべやま‐やまびこ]▽解説 十返舎一九作『化皮太鼓伝』に登場する妖怪です。 箱根の先で繰り広げられた、木枯らしの森の化け狐と魍魎の婚儀を巡る騒動。妨害を企む狸の一味がうち散らされて一段落ついたかと思いきや、ある夜の丑三つ時、恐ろしげな顔つ ...

■さむがり狸[‐たぬき]▽解説 俗に「狸の金玉八畳敷き」といい、狸は非常に大きな陰嚢をもつ動物として理解され、戯画化されてきました。 浮世絵師による狸の絵にも巨大な陰嚢の形を様々に変え、工夫を凝らして人間の道具のように用いたり、他の動物や妖怪、神仏などに ...

■とうもろこし▽解説 とうもろこしは天正七年(1579)に日本へ齎されたとされ、以後九州から日本各地へ伝播していったといわれています。 南蛮船が運んできたことから南蛮黍(なんばんきび、なんばきび)とも呼ばれるほか、高麗黍、唐黍などといった名称もあります。 とうも ...

■佐倉宗吾[さくらそうご]▽解説 佐倉惣五郎は江戸時代前期の義民として知られる人物で、承応(1652~1655)頃の下総国佐倉藩の領民で、印旛郡公津村の名主であったとされています。本名の木内惣五郎や、宗吾あるいは惣吾の通称でも知られています。 惣五郎は領主堀田氏 ...

■出歯男[でばおとこ]▽解説 中岡俊哉(1926~2001)の著作で紹介されている妖怪です。 この妖怪は墓穴掘りの男が死霊の祟りを受けたもので、出歯に松明を咥えて現れ、人間を捕えては葛籠に押し込め墓穴に埋めてしまうといいます。 また、埋められた人間は出歯男を呪い ...

■白だわし[しろ-] ▽解説  十返舎一九作の物語『化皮太鼓伝』に登場し、主要キャラクターの一体として活躍する化物です。  獣のような顔で、足には蹄があり、たわし模様の着物を身につけた姿で描かれています。  箱根の先の人里離れた山中に、羽州から魍魎とおち ...

■ももんごまア▽解説 歌川国芳の戯画『流行道外こまづくし』に描かれている妖怪です。  『流行道外こまづくし』は、弘化元年の春から夏にかけて両国広小路で興行を行った竹沢藤次の曲独楽が大評判となったことにあやかって制作された「独楽づくし」の戯画のひとつです。  ...

↑このページのトップヘ