タグ:愛知県

■布団被せ[ふとんかぶ‐]▽解説 三河湾の佐久島に伝わる妖怪です。 民俗学者の瀬川清子が採集した情報をもとに柳田國男編『海村生活の研究』(昭和24年)にて「ふわっと来てスッと被せて窒息させる」と紹介されているのが知られていますが、現在これ以上の詳細を記録した ...

■岡崎の化け猫[おかざき‐ば‐ねこ]▽解説 文政十年(1827年)初演、四世鶴屋南北作の歌舞伎『独道五十三駅(ひとりたびごじゅうさんつぎ)』は東海道の各宿場を舞台に劇が展開されるという趣向で、その中に十二単を着た化け猫が登場するくだりがあります。これを元にした話 ...

■馬魔[ぎば] ▽解説  『想山著聞奇集』にある妖怪です。  馬が提馬という病で突然死することを、尾張美濃ではギバと呼んでいたといいます。  このギバというのは一種の魔物で、馬の鼻から体内に入って尻から出ていくともいわれています。  『想山著 ...

■殺生石[せっしょうせき] ▽解説  栃木県那須地方などに伝わる怪石です。  妖婦玉藻前となって鳥羽上皇の寵愛を受けていた九尾の狐は、正体を見破られて三浦介、上総介らによって射殺されますが、その骸は毒石となって鳥獣を殺し続け、玄翁和尚に打ち砕か ...

■毛脚[けあし] ▽解説 『夜窓鬼談』にある妖怪です。  愛知県東部の本宮山に参詣に来た豊橋の商人某は、山の中腹を過ぎた辺りで悪天候に見舞われ、やむなく傍にあった木の根元に腰を下ろしました。  暫く休憩していると、十六歳ほどの若い女が着物の裾を ...

↑このページのトップヘ