タグ:広島県

■擂木手[すりこぎて]▽解説 『稲生物怪録』諸本にみえる怪異のひとつです。 備後三次藩士である十六歳の少年・稲生平太郎(のち武太夫)は、隣家の三井権八と比熊山で肝試しの百物語を行って以後、自宅にて一ヶ月にわたり数々の怪異に遭遇することとなりました。 武太 ...

■広島伝馬町の怪物[ひろしまてんまちょう-かいぶつ]▽解説 『姫国山海録』にあるものです。 同書の記述によれば、これは芸州広島の伝馬町に暮らす馬方の幸松の妻が、三十三歳の二月に産んだ「怪物」で、身の丈は一尺八寸、手足は三、四寸ほどで、足は三本あったといいま ...

■石蟹[いしがに]▽解説 『稲生物怪録』にある怪異のひとつです。 備後三次藩士で十六歳の少年・稲生平太郎は、隣家の三井権八と比熊山で肝試しを行って以後、自宅にて数々の怪異に遭遇するようになっていました。 七月五日の夜、平太郎が家を訪れた権八と話し込んでい ...

■尾三狐[おさんぎつね]▽解説 広島県佐伯郡湯来町に伝わる化け狐です。 焼場が近く、夜は人通りも少なくなる越峠(こえたお)には、尻尾が三本に分かれた知恵ある狐がおり、食物を背負って通る人は大抵これに化かされたといいます。 いつの間にか、この狐は越峠の尾三狐 ...

■出雲国五郎左衛門[いずものくにごろうざえもん]▽解説 備後三次藩の少年・稲生平太郎(武太夫)が一ヶ月にわたって数々の怪異に遭遇し、山ン本五郎左衛門なる魔王と対面した話は『稲生物怪録』の名で広く知られています。 『近世風聞・耳の垢』にも同様の記述がありま ...

■石川悪四郎[いしかわあくしろう]▽解説 『耳嚢』巻十「怪棒の事」という記事にある妖怪です。 芸州浅野家の家臣、五太夫は齢七十を過ぎても至って健康で、文化五年頃には江戸勤番へ出ていました。 この五太夫が十五歳の時、次のようなことがあったといわれています。 ...

■神ン野悪五郎[しんのあくごろう]▽解説 備後三次藩士の稲生平太郎が一ヶ月にわたり遭遇した怪異の数々を記す『稲生物怪録』諸作においてその名が語られる「魔王」のひとりです。 柏正甫本『稲生物怪録』では、神ン野悪五郎は山ン本五郎左衛門に並ぶもうひとりの魔王と ...

■山ン本五郎左衛門[さんもとごろうざえもん]▽解説 備後三次藩士・稲生平太郎(のち武太夫)は、寛延二年(1749)、十六歳の頃、肝試しで比熊山に赴いたのを契機として、自宅周辺で数々の怪異に遭遇することとなります。 七月一日、一つ目の巨大な妖怪の出現に始まり、稲 ...

■頭を割られた女房[あたま‐わ‐にょうぼう]▽解説 広島県安佐郡鈴張村には以下のような昔話が伝わっています。 昔、ある所に男がいました。 この男が畑仕事をしていると、綺麗な女が来て「妾(わし)を女房にしてくれェ」と言ってきました。 男はこの女の美貌に惚れ込 ...

■小豆とりの狸[あずき-たぬき] ▽解説  広島県尾道市に伝わる妖怪です。  土堂町の桂馬蒲鉾商店があるあたりはかつて石畳の敷かれた船着き場で、西側には海沿いに大きな蔵が並んでいました。  その頃、蔵の近くでは毎晩「シャリ、シャリ」と高く鋭い音が ...

↑このページのトップヘ