タグ:岩手県

■面白いぞ[おもしろ‐]▽解説 『遠野物語』に記されている怪異です。 これは菊池弥之助という老人の若い頃の体験談であるといいます。 ある薄月夜、弥之助は仲間たちと共に浜へと通じる境木峠を越えようとしていました。 笛の名人であった彼は笛を吹きつつ大谷地とい ...

■金の牛[きん‐うし]▽解説 東北地方の鉱山地帯に伝わるもので、佐々木喜善の著書では「黄金(きん)の牛(うし、ベココ)」などの題で岩手県遠野地方の例が紹介されています。 昔、遠野の小友村にひとりの長者がいて、そこで変わり者の下男が働いていました。彼は暇さえあ ...

■蜘蛛息子[くもむすこ]▽解説 岩手県遠野に伝わる話です。 ある所に貧乏な父と娘が暮らしていました。 母とは既に死別しており、父は畑仕事、娘は毎日山で柴などを採って生活していました。 春、十三歳になった娘が山で青物を採っていると、そこに美しい若者がやって ...

■教え舌[おし‐じた]▽解説 『撰集抄』には「死人頭誦法華」と題して、以下のような話が語り手の聞いたこととして記されています。 陸奥国平泉郡に坂芝山という山がありました。  この山の川端に高さ一丈余の石塔が建っており、それには次のようないわれがあるとされて ...

■雌鶏婆[めんどりばば]▽解説 岩手県遠野に伝わる妖怪です。 ある所に夫婦が暮らしていました。 いくら働いても暮らしは一向に良くならず、世を儚んだ夫は、あるとき「いっそのこと狼にでも食われて死んでしまった方がいい」と山奥に赴き、狼の巣である岩穴の前に身を ...

■雌鶏の経立[めんどり‐ふったち]▽解説 岩手県などでは動物が老いると霊力を身につけた「経立(ふったち)」になるといわれ、下閉伊郡安家村には雌鶏の経立が人に祟った話が伝わっています。 相当な年を経た雌鶏を飼っていたある家では、いくら子供が生まれても育たず命 ...

■鴨娘[かもむすめ]▽解説 岩手県遠野市青笹町には、このような昔話が伝わっています。 昔、ある所に善良で子供のいない猟師の爺さまが暮らしていました。 ある朝、爺さまは湖の傍で綺麗な鴨を見かけました。撃ち取って売ってやろうと鉄砲を向けたところ、鴨はお姫様の ...

■雉子娘[きじむすめ]▽解説 岩手県上閉伊郡土淵村に伝わるものです。 ある所に子のない爺と婆が暮らしていました。 二人はどうにか子供を授かろうと、毎夜近所の明神様へ丑の刻詣りをして「たとえその子が蛇でも鬼神でもよいから一人授けてたもれ」と、一心に祈り続け ...

■座敷童[ざしきわらし] ▽解説  岩手県を中心として東北地方に伝わる妖怪です。  垂髪やおかっぱ、散切り頭で赤い顔をした子供の妖怪で、年齢はおよそ5、6歳あるいは12、3歳ほど、すなわち童子の外見だといい、土地の豪農や由緒ある旧家の奥座敷などにいると ...

■鰻男[うなぎおとこ] ▽解説  岩手県岩手郡雫石村に伝わる妖怪です。  雫石村のある所(ヌマガエシという場所とされています)に美しい娘が暮らしていました。  この娘が年頃になると、毎夜どこからか見知らぬ男が通ってくるようになりました。  娘 ...

↑このページのトップヘ