タグ:岡山県

■ぬらりひょん▽解説 『自然と文化』1984年秋号に掲載された平川林木による「山陽路の妖怪」という記事で言及されている瀬戸内海の妖怪です。 それによれば、一名をヌラリヒョンという海坊主は備讃灘(備讃瀬戸。岡山県と香川県の間の海域)に多いといいます。 海上に頭大 ...

■ヒーヒ猿[‐ざる]▽解説 岡山県御津郡に伝わる妖怪です。 『現行全国妖怪辞典』(佐藤清明著、昭和10年)によれば、これは病人に憑いて無神経にさせるものだといいます。  ...

■磯良[いそら] ▽解説  磯良は『太平記』などにみえる海神の名で、貝類や海老、海月などが全身に取り付いた醜い容貌を恥じて海底から出てこないとされています。  上田秋成の『雨月物語』「吉備津の釜」には、この神に由来する磯良という名の女が登場します ...

■古川鯰[ふるかわなまず] ▽解説  岡山県英田郡英田町に伝わる妖怪です。  井口の古川には年代の知れない古井戸が沢山ありました。これらの井戸には一匹ずつ大きな鯰が棲んでおり、「井戸の主」と呼ばれていました。  ある時、村の若い者たちが集まって ...

■伽藍さま[がらん-] ▽解説  岡山県に伝わる妖怪です。  どこの寺にも、境内のどこかにガランという妖魔がいるといわれています。  ひどく物惜しみをするもので、挿歯(足駄)を履いて付いた土すら吝む程なので、寺には決して歯下駄をはいて入るものでは ...

■馬の目玉[うま-めだま] ▽解説  岡山県苫田郡に伝わる妖怪です。  「大蛇の輪」などと共に出るとされていますが、詳しいことは分かっていません。 ▽関連 ・大蛇の輪     ...

■大蛇の輪[だいじゃ-わ] ▽解説  岡山県苫田郡に伝わる妖怪です。  各地の妖怪の呼称を列挙する『現行全国妖怪辞典』(佐藤清明著、昭和10年)に「馬の目玉等と共に出る」とあるのみで、それ以上の詳細は分かっていません。 ▽関連 ・馬の目玉   ...

■殺生石[せっしょうせき] ▽解説  栃木県那須地方などに伝わる怪石です。  妖婦玉藻前となって鳥羽上皇の寵愛を受けていた九尾の狐は、正体を見破られて三浦介、上総介らによって射殺されますが、その骸は毒石となって鳥獣を殺し続け、玄翁和尚に打ち砕か ...

■蜂王[はちおう] ▽解説  岡山県苫田郡鏡野町上齋原と鳥取県東伯郡三朝町の間にある人形峠に伝わる妖怪です。  元禄四年(1691)年の『作陽誌』には、次のような記述があります。  伯州と作州の境である人形山(人形峠)には、かつて大きさ一丈にも及ぶ蜂 ...

■とうびょう ▽解説  主に中四国地方でいう憑物の一種で、トンボ神やトウバイなどとも呼ばれます。  その姿は多くの場合、首に金色ないし黄色の輪がある小蛇とされます。岡山県阿哲郡では首に黄色い輪のある小蛇で、七十五匹の群れをなしているといいます。 ...

↑このページのトップヘ