タグ:地獄

■鶏地獄の鶏[けいじごく‐にわとり]▽解説 鶏地獄(けいじごく、とりじごく)は『起世経』地獄品が説く十六小地獄のひとつで、鳥獣を虐め、諍いを好んだ者が死後に堕ちるとされています。 この地獄には猛き炎が身に満ちた鶏がいて、罪人たちはこれに追われて蹴り踏まれ、 ...

■大かむろ[おお‐]▽解説 『日本妖怪図鑑』など、主に佐藤有文の著作にある妖怪です。 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』に描かれている「大禿」を元にしたものですが、脚色が加えられてその性質は大きく変化しています。 『日本妖怪図鑑』によれば、大かむろは地獄の国か ...

■最猛勝[さいもうしょう] ▽解説  隋の闍那崛多が漢訳した『起世経』第二巻が説く八大地獄に付属する十六小地獄のひとつ、膿血地獄には最猛勝という虫がいるとされます。  膿血地獄に堕ちるのは、生前、腹黒く愚かな心を抱き、人に汚い物を与え食わせた者 ...

■閻婆[えんば] ▽解説  八大地獄の最下層・阿鼻地獄に付属する十六の別処のひとつ「閻婆度処」に棲むといわれる巨鳥です。  閻婆度処は河の流れを断って他人を渇死させた者が落ちる地獄であり、閻婆は象ほどの身の丈を誇る悪鳥で、鋭い嘴からは炎を出して ...

■牛頭[ごず] ▽解説  地獄で罪人を責めたてる獄卒たちは様々な動物の頭をしていますが、なかでも牛馬の頭をもつものは牛頭馬頭と称して獄卒の代表格とみなされ、数々の地獄絵にその姿をみることができます。  説話集には現世に現れた牛頭についての記述 ...

■奪衣婆[だつえば] ▽解説  この世とあの世の境にある三途の川のほとりで亡者の衣服を剥ぎ取るという老婆の鬼で、葬頭河婆、正塚婆などとも呼ばれます。  『地蔵菩薩発心因縁十王経』によれば、初江(「江」は船の停泊地)の辺には官庁が並び、その前には葬 ...

■火車[かしゃ] ▽解説  生前に罪を犯した亡者を迎えて地獄に送る、あるいは地獄で罪人を責める道具として、車輪部分が燃え盛る火炎になっている車(火車、火の車)が用いられると考えられてきました。  各種の説話集などには悪業の報いとして、この火車が罪 ...

■閻魔大王[えんまだいおう] ▽解説  閻魔大王(閻魔王、閻羅王)は仏教においては冥界、地獄の王として人間の死後にその善悪、罪の軽重を裁くとされる存在です。  インド神話における人類最初の死者で後に死後の世界の支配者となるヤマラージャが中国に伝わ ...

■天蓋大王[てんがいだいおう] ▽解説  黄表紙『一百三升芋地獄』に登場する、地獄の王を名乗る大蛸です。  豪傑・小林朝比奈は地獄巡りの帰りに、子供たちが「芋を食って蛸を食って死んだとヨウ、それで死んだら芋地獄」と唄っているのを耳にします。 ...

■鉄馬[てつめ] ▽解説  三十巻本『仏名経』所収『大乗蓮華宝達菩薩問答報応沙門経』が説く沙門地獄(破戒僧が堕ちる地獄)のひとつ「鉄車鉄牛鉄驢鉄馬地獄」にいるとされる馬です。  鉄車鉄牛鉄驢鉄馬地獄には四つの門があり、広さは十五由旬(一由旬は約11~ ...

↑このページのトップヘ