タグ:土佐お化け草紙

■骨なし女[ほね-おんな] ▽解説  『土佐お化け草紙』に描かれている妖怪です。  詞書によると、骨なし女はまたの名をくらげ女ともいい、潮江のはば山に住む幽霊が年を経て骨のない女となったものだといいます。  人死のあった家には必ず来て、夜な夜な庭 ...

■宿守[やどもり] ▽解説  『土佐お化け草紙』に、馬骨とともに描かれている妖怪です。  宿守(ヒキガエル)を殺せばこのような化物となり、人の閨へ来るといいます。 ▽註 ・『土佐お化け草紙』…土佐で描き継がれていた妖怪絵巻。16の妖怪譚を収録 ...

■馬骨[ばこつ] ▽解説  『土佐お化け草紙』に、宿守と蚊帳の内で語らう様子が描かれている妖怪です。  火事で焼け死んだ馬が化したものであるといいます。 ▽註 ・『土佐お化け草紙』…土佐で描き継がれていた妖怪絵巻。16の妖怪譚を収録。堀見家 ...

■子とろ子とろ[こ-こ-] ▽解説  『土佐お化け草子』に描かれている妖怪です。  鮮血の滴る小児の生首をくわえた半裸の女が描かれ、「子とろ子とろ、一名しと(嫉妬)女」とあります。  嫉妬深い女が化したもので、恨みに思う女の子供の寝屋に忍び入り、子 ...

 ■山鰐[やまわに]▽解説 『土佐お化け草紙』に描かれている、大きな口が特徴的な妖怪です。   絵巻には山鰐が発した言葉も書き込まれており「わしがいとこは海にあるが、それもみな口の太き者にて、何にても一口になめるという。お寺の鰐(鰐口)も口が太いゆえ、わ ...

■古烏[こがらす] ▽解説  『土佐お化け草紙』に描かれている妖怪です。  詞書によれば、これは千年の年を重ねた烏が化したもので、生前に意地の悪かった人の死骸を掘り出して食うとあります。 ▽註 ・『土佐お化け草紙』…土佐で描き継がれていた ...

↑このページのトップヘ