タグ:器物の怪

■暮露暮露団[ぼろぼろとん]▽解説 鳥山石燕『百器徒然袋』にある妖怪です。 破れてぼろぼろになった布団が目を生じ、綿か布きれが手足の形をなしている妖怪が描かれ、「普化禅宗を虚無僧と云ふ。虚無空寂をむねとして、いたるところに薦むしろに座してもたれりとするゆ ...

■布団の怪[ふとん‐かい]▽解説 松谷みよ子『現代民話考』(昭和61年)や村上健司『妖怪事典』(平成12年)では、布団にまつわる怪異を「布団の怪」と称して、『ゆがたい 宮古島の民話』(宮古民話の会・昭和54年)に収められた話を紹介しています。 これは大平洋戦争が終結 ...

■もの言う布団[‐い‐ふとん]▽解説 小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)著『知られぬ日本の面影(Glimpses of Unfamiliar Japan)』「日本海のほとりにて(By the Japanese Sea)」(1894年)にある怪談です。 昔、鳥取の町にできた新しい宿屋にひとりの旅商人が泊まりました。  ...

■雲外鏡[うんがいきょう] ▽解説  『百器徒然袋』にある妖怪です。  隈取りを施したような顔が浮かぶ鏡の妖怪が描かれ、「照魔鏡と言へるはもろもろの怪しき物の形をうつすよしなれば、 その影のうつれるにやとおもひしに、動出るままに此かゞみの妖怪なり ...

■白容裔[しろうねり] ▽解説  『百器徒然袋』に描かれている妖怪です。  龍のような外見に化した古布の姿で描かれ、「白うるりは徒然のならいなるよし。この白うねりは古き布巾のばけたるものなれども、外にならいもやはべると、夢のうちにおもひぬ」とあ ...

■蛇帯[じゃたい] ▽解説  『今昔百鬼拾遺』に描かれている妖怪です。  屏風にかかる帯が舌を出す蛇のような形をあらわす様が描かれ、「博物誌に云、人帯を藉て眠れば蛇を夢むと云々。されば妬める女の三重の帯は、七重にまわる毒蛇ともなりぬべし。 おも ...

■付喪神[つくもがみ]▽解説 器物が長い歳月を経て変化した妖怪の総称と解釈されているものです。「九十九神」とも表記します。 つくも、九十九髪といえば老女の白髪を指し、その連想から物が妖怪に化すのを「つくもがみ」と呼んだようです。 付喪神の物語として最も ...

■野鎌[のがま]▽解説 高知県、徳島県でいう鎌鼬の類です。 徳島県では野原に鎌を捨てると野鎌という化物となって、人を切るようになると伝わっています。 祖谷山では葬式の穴掘りなどに使った鎌や鍬は、七日間墓場に置いた後に持って帰らないと野鎌になると戒められ ...

■傘化け[かさば-] ▽解説  目や口を生じ、柄が足になった傘は妖怪のデザインの典型として現在まで様々な図像のなかに姿をみせています。  傘お化け、唐傘小僧などと呼ばれることもあります。  特定の物語や伝承に基づいた造形ではなく、単に傘の妖怪を描い ...

↑このページのトップヘ