タグ:合成獣

■家内安全を守る十二支[かないあんぜん‐まも‐じゅうにし]▽解説 歌川芳虎の『家内安全ヲ守十二支之図』には、十二支全てを合成した獣の姿が描かれています。 「十二支」の頭と胸は子、角は丑、縞模様は寅、耳は卯、纏う炎は辰、尻尾は巳、鬣は午、髭は羊、後肢は申、 ...

■寿[ことぶき] ▽解説  錦絵『寿という獣』(重光作)に描かれているものです。  名前の通り寿を象徴するように十二支を合成した姿をしており、頭は子、角は丑、肩と腹は寅、耳は卯、首は辰、尾は巳、鬣は午、髭は羊、前肢は猿、鶏冠は酉、後肢は戌、背は亥 ...

■禍[わざわい] ▽解説  災厄、災禍を象った獣です。  中国三国時代の『旧雑譬喩経』などにある説話が日本に伝来したもので、『宝物集』や『平家物語(延慶本)』の中で紹介されています。  ある国の驕れる王が、禍なるものを探してこいと命じます。  当 ...

■鵺魚[ぬえぎょ] ▽解説  京都府で捕獲されたという怪魚で、明治23年の『東京朝日新聞』に記事があります。  丹後国竹野郡と与謝郡との間、経が岬の沖合で、ある漁師が怪魚を捕獲しました。  土地の老漁夫らに見せても正体を知る人はおらず、同地の水産 ...

■鵺[ぬえ] ▽解説  『平家物語』などに記述のある妖怪です。鵼とも表記します。  顔は猿、胴は狸、手足は虎、尾は蛇という姿で、トラツグミすなわち鵺のような声で鳴くためにこの名で呼ばれます。  平安時代、天皇(近衛天皇)の住む清涼殿の上空に毎夜黒 ...

↑このページのトップヘ