タグ:十返舎一九

■佐伯友尾[さえきともお]▽解説 勝川春英の『異魔話武可誌』には「小はだ小平次」の名で、蓮の葉を笠のごとく被り、全身に藻を纏いつかせた怪物が水辺に立つ姿が描かれています。 その名が示すとおり、元来これは安積沼で殺害され、幽霊となって妻と間男に祟る「小幡小 ...

■すじかぶろ▽解説 勝川春英の『異魔話武可誌』には、鱗で身体を覆った頭の大きな妖怪「すじかぶろ」が茶を運んでいる姿が描かれています。 同作の図を流用した『列国怪談聞書帖』では、この妖怪に以下のような物語が付け足されました。 昔、奈良の木辻に初めて郭が開か ...

■猿があち[さる‐]▽解説 『異魔話武可誌』に「下野国大矢山の猿かあち」として描かれた妖怪です。 滝の近くの岩窟で馬の足に食らいつく大猿で、地面には獲物の骨が散乱しています。 「かあち」は下野地方の方言で「かわり」の意らしく、猿かあちとは猿の化物といった ...

■びいがん御坊[‐ごぼう] ▽解説  『異魔話武可誌』に「びいがんこ坊」の名で描かれたもので、後に十返舎一九が改竄本『列国怪談聞書帖』で「びいがん(弭已介牟)御坊」なる妖怪と解釈して物語を付け加えました。  『列国怪談聞書帖』「びいがん御坊」は ...

■あやし野[-の] ▽解説  『怪談筆始』に登場する、化物たちが暮らす世界の人気遊女です。  豪傑・坂田公平(金平)は思いのままに化物たちをいじめ散らし、「この後決して人間に仇は致すまじ」と証文までとったうえ、故郷へのよい土産話の種と、化物世界の ...

■白だわし[しろ-] ▽解説  十返舎一九作の物語『化皮太鼓伝』に登場し、主要キャラクターの一体として活躍する化物です。  獣のような顔で、足には蹄があり、たわし模様の着物を身につけた姿で描かれています。  箱根の先の人里離れた山中に、羽州から ...

■お逆さま[‐さか‐] ▽解説  十返舎一九作の、化物たちの世界の年中行事を描いた黄表紙『妖怪一年草』(1808年)にその名があるものです。  名前は「お釈迦さま」をもじったもので、化物の世界では四月にお逆さまの誕生を祝うとされています。   化物 ...

↑このページのトップヘ