タグ:北海道

■カパㇳトノマㇳ▽解説 アイヌに伝わるカムイユーカラ(神謡)に登場する女神で、その名は「こうもり(kapat)奥方(tonomat)」を意味します。 天を住まいとし、縫物をして日々を過ごす蝙蝠の女神は、あるときアイヌコタン(人間界)から聞こえてきた、菜摘みに出た女たちの口 ...

■ニシヲカムイ ▽解説  北海道石狩市浜益区に伝わる妖怪です。    夏の夕暮に海から怪物が上陸し、山の方へと行きました。  海にいた時は黒ずんだ物に見えた怪物は、上陸すると風のようにその形を捉えられなかったといいます。また、これは特に害はなかっ ...

■ホヤウカムイ ▽解説  アイヌに伝わる蛇神で、洞爺湖など湖沼の主とされました。  名前のホヤウは蛇、カムイは神を意味する言葉です。ホヤウやオヤウカムイともいい、神名はラプシヌプルクル(翅の生えている魔力ある神)、他にはサキソマエップ、サクソモアイ ...

■ペンタチコロオヤシ ▽解説  樺太アイヌに伝わる妖怪で、その名は「ペンタチ・コロ・オヤシ」で「松明を・持つ・おばけ」を意味しています。  夜中に松明をかざして歩き回り往来の人々に怪をなすといい、次のような話が伝わっています。  樺太東海岸の北部にトユク ...

 ■ミンツチ▽解説 アイヌに伝わる妖怪で、ミンツチカムイ、ミントチ、ニントチなどとも呼ばれます。 日本語では河童あるいは人魚と訳されます。 川や池、湖に棲む凶悪な人獣で、多くの事故を起こす存在だといいます。 その姿については様々な説があります。 赤い肌を ...

↑このページのトップヘ