タグ:化物尽くし絵巻

■亡魂[ぼうこん]▽解説 「亡魂」とは読んで字のごとく亡者の魂、特に成仏できず現世をさまよう幽霊、亡霊の類を指す言葉です。 北斎季親による化物尽くし絵巻には「亡魂」と名付けられた青白い肌に長髪を垂らした人型の怪が描かれています。 これは佐脇嵩之『百怪図巻 ...

■蛇女[じゃじょ]▽解説 化物尽くしの絵巻物に描かれる妖怪の一種で、『百妖図』でその姿が確認されています。 顔は人間の女、体も人のようであり衣服を纏っているものの、胸元は蛇腹のように段があり、足にも鱗が生じています。また、裾からはやはり蛇のような太い尾が ...

■へらほう▽解説 福岡県立美術館寄託の化物尽くし絵巻に描かれている妖怪のひとつです。 姿は妖怪絵巻に多くみられる「ぬっぺっぽう」などと名付けられる妖怪の模倣ですが、典型例とは異なり赤い唇がついているのが特徴的です。 詞書によると、これは奥州より現れるもの ...

■海男[うみおとこ]▽解説 化物尽くし絵巻に描かれる妖怪の一種で、米国ブリガムヤング大学ハロルド・B・リー図書館所蔵の妖怪絵巻などにその姿があることが確認されています。 同じ絵巻に描かれている「海坊主」の近くを泳ぐ赤い魚のような妖怪で、全体像は波と「ぬりか ...

■山親父[やまおやじ]▽解説 尾田郷澄の『百鬼夜行絵巻』に描かれている妖怪です。 杖を手にした老人の姿は、他の化物尽くし絵巻で「夢の精霊」などと名付けられている妖怪とほぼ同じものです。▽註・『百鬼夜行絵巻』…尾田淑太郎(郷澄)による妖怪絵巻。天保3(1832)年制 ...

■王魔[おうま]▽解説 化物尽くし絵巻の類に描かれることのある妖怪の一種で、『百妖図』にあるものが知られています。 蓑とも毛ともつかないものに全身を覆われ、頭には二本の角、白髪を頂き、口は尖り、爪は赤く長く、背には翼らしきものがあります。▽註・『百妖図』 ...

■身の毛立[み-けだち]▽解説 化物尽くしの絵巻に描かれている妖怪の一種です。 半裸の妖怪が口を窄め、背を丸めて立っている姿が描かれています。 「身の毛が立つ(よだつ)」とは恐怖などのためにぞっとして体の毛が立つ様子をいい、この妖怪も「身の毛立」の名のとお ...

■べか太郎[‐たろう]▽解説 化物尽くし絵巻に描かれる妖怪の一種で、尾田郷澄の『百鬼夜行絵巻』にその姿をみることができます。 下まぶたを指で下げ、舌を出している裸の子供のような妖怪で、「べくわ太郎」という名が記されています。そのため、この図を紹介している ...

■蟹鬼[かにおに]▽解説 化物尽くし絵に描かれている妖怪の一種で、湯本豪一氏所蔵の絵巻でその姿が確認されています。 その名のとおり蟹のような化物で、甲羅に顔があり、這いつくばるような姿勢で描かれています。▽註・化物尽くし絵巻…湯本豪一氏蔵。作者不明。12体 ...

■綿ほうし[わた‐]▽解説 作者、制作年代不詳の化物尽くし絵に描かれている妖怪です。 その名の通り白い綿のような姿の妖怪で、この図を掲載した『怪 0032』には「ぬっぺっぽうの同族か」とのキャプションがありますが、類例も見つかっておらず現時点では詳細不明です ...

↑このページのトップヘ