タグ:再度の怪

■目だらけの化物[め‐ばけもの]▽解説 山梨県甲府市に伝わる妖怪です。 西山梨群玉諸村、三の宮の西方およそ二町の所に、大橋あるいは行逢橋と呼ばれる古い橋があり、昔はそこに目だらけの化物が出たといわれています。 ある男が夜遅くにこの辺を通りかかり、子を抱い ...

■大腕[おおうで] ▽解説  明治34年の『神戸新聞』に連載された「怪談百物語」にある妖怪です。  播州宍粟郡に山中善右衛門という、正直で情け深いものの貧しい暮らしを送っている男がいました。  日々の生活にも窮し、あるとき善右衛門は良い仕事を求め ...

■毛脚[けあし] ▽解説 『夜窓鬼談』にある妖怪です。  愛知県東部の本宮山に参詣に来た豊橋の商人某は、山の中腹を過ぎた辺りで悪天候に見舞われ、やむなく傍にあった木の根元に腰を下ろしました。  暫く休憩していると、十六歳ほどの若い女が着物の裾を ...

■朱の盤[しゅ-ばん] ▽解説  福島県や新潟県でいう妖怪です。  新潟県三条市見附町近くの元町に朱盤がいたといいます。朱色の盤のような顔の大坊主だったため、この名で呼ばれたようです。  この辺りには青石塔があり、よくない所だといわれていました。 ...

■再度の怪[さいど-かい] ▽解説  一度怪異に出会った人が、驚いて逃げた先などで同じ怪異にもう一度遭遇するというもので、怪談集や各地の伝承に様々な種類のものが残されています。  柴田宵曲は『妖異博物館』の中で、これら怪異の総称として「再度の怪」と ...

↑このページのトップヘ