タグ:兵庫県

■赤穴宗右衛門[あかなそうえもん]▽解説 上田秋成による怪異小説集『雨月物語』の第二話「菊花の約(ちぎり)」に登場する人物です。 播磨国加古の里に丈部左門(はせべさもん)という学者が暮らしていました。 彼は清貧を好み、書物を唯一の友として、雑多な日用品や調度 ...

■皿かぞえ[さら‐]▽解説 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』にある妖怪です。 井戸から半身を出した女の幽霊らしきものが火を吹き出しており、その火が三枚の皿を宙に巻き上げているかのように描かれています。 これは、ある家の下女が十枚組の皿のうち一枚を井戸に落とし ...

■氷ノ山の神竜[ひょうのせん‐しんりゅう]▽解説 『閑田次筆』にあるもので、但馬国豊岡の鷺橋という人が著者の伴蒿蹊に送った文に記されていたことであるといいます。 氷ノ山は但馬、播磨、美作、因幡に跨っているため四箇の山とも呼ばれ、霊験の地とされていました。 ...

■有馬の女化物[ありま‐おんなばけもの]▽解説 『諸国百物語』には、「尼が崎伝左衛門湯治してばけ物にあひし事」として、有馬温泉(兵庫県神戸市)に現れた化物のことが記されています。 摂州尼崎の伝左衛門という者が、あるとき有馬へ湯治に出かけました。 湯に浸かっ ...

■グニさん▽解説 兵庫県加西市田谷町に伝わる妖怪です。 江戸にまだ将軍がいた頃のこと。 十二月から三月にかけて、田谷村の若者は木挽きに雇われ丹波の山奥へと行っていました。 彼ら木挽きたちの小屋の辺りでは、夜になると決まって「ホー、ホー」という呼び声が聞こ ...

■おきよさん ▽解説  兵庫県三原郡広田村に伝わる狸です。  淡路島の広田村門内の藪に棲むという狸で、明治の頃には次々と人に祟ったといわれています。  「おきよさん」という呼び名の由来は、門内に昔住んでいた「おきよ」という女だとされています。 ...

■お菊[-きく] ▽解説  「皿屋敷」の怪談に登場する人物で、非業の死を遂げ皿を数える幽霊となる娘です。  播州姫路を舞台とする「播州皿屋敷」、江戸番町を舞台とする「番町皿屋敷」の2つが特に知られていますが、これ以外にも各地に類似の話が伝えられて ...

■猩々[しょうじょう] ▽解説  元は中国の想像上の動物で、日本でも各地の伝承や昔話、祭事芸能に登場してよく知られています。  人語を介する赤い毛の獣で、酒を好むとされます。その血もまた鮮やかな赤色とされ、これで染めた毛織物が猩々緋だといいます。 ...

■鼈[すっぽん] ▽解説  すっぽん(鼈、泥亀)は各地で妖怪視されていました。河童と同じような性質が伝えられることも多く、たとえば京都府や兵庫県などでは人を水中に引き込むことがあるといわれていました。  執念深い性質から人に祟りをなした話も多く伝わ ...

■油返し[あぶらかえ-] ▽解説  兵庫県伊丹市昆陽に伝わる怪火です。  『民間伝承』通巻53号「妖怪名彙に寄す」(辰井隆)によれば、油返しは初夏の闇夜や寒い冬の夜、昆陽池の北堤辺りに現れるといいます。  池の南にある千僧の墓から出て、昆陽池や瑞ヶ池 ...

↑このページのトップヘ