タグ:佐藤有文

■一本松の女[いっぽんまつ‐おんな]▽解説 佐藤有文著『日本妖怪図鑑』などで紹介されている妖怪です。 『日本妖怪図鑑』では「日本の妖怪地図」の章で千葉県の妖怪として紹介されています。 一本足で全裸の女が両手で胸を隠している姿が描かれており、松の木のそばに ...

■大かむろ[おお‐]▽解説 『日本妖怪図鑑』など、主に佐藤有文の著作にある妖怪です。 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』に描かれている「大禿」を元にしたものですが、脚色が加えられてその性質は大きく変化しています。 『日本妖怪図鑑』によれば、大かむろは地獄の国か ...

■海ばけ[うみ‐]▽解説 江戸時代以後に描かれた化物尽くし絵の一種にある妖怪です。 佐藤有文の著作に掲載された図(河童として紹介)が確認されている唯一の例で、筆致から「びろーん(ぬれほとけ)」「はらだし(さとり)」などの図と同じ作者が描いたものと考えられます。 ...

■牛頭大王[ぎゅうとうだいおう] ▽解説  佐藤有文の著作にある妖怪です。  『お化けの図鑑』(昭和53年)では「妖怪チャンピオン」の章で紹介されており、この世に悪をはびこらせる悪魔サタンのような暗黒世界の大王と説明されています。  また牛頭大王 ...

■馬鬼[ばき] ▽解説  佐藤有文の著作にある妖怪です。  『妖怪大全科』(昭和55年刊)には人間にいじめられた馬の祟りが馬鬼になったとの記述があり、挿図として昭和43年の大映映画『妖怪百物語』『妖怪大戦争』に登場した妖怪「うまおに」のスチル写真が使 ...

■目の手[め-て] ▽解説  佐藤有文の著作で紹介されている妖怪です。  『お化けの図鑑』(昭和53年)の解説によれば、目の手は「手の目」とも呼ばれる、野原をさまよう盲目の妖怪で、めくらだと思ってバカにすると、目玉を吸い取られてしまうといいます。 ...

■大どくろ[おお-] ▽解説  『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』など、佐藤有文の著作には大どくろという海の妖怪が登場します。  船が遭遇するという大きな髑髏の妖怪で、船べりに手をかけて海上の同じ区域をぐるぐると引っ張り回すといいます。  大どくろ ...

■がしゃどくろ ▽解説  児童書などで頻繁に紹介されている巨大な骸骨の妖怪です。  戦死者や餓死者の恨みが集まって巨大な妖怪となったもので、夜間にがしゃがしゃと音を立てながらその姿を現し人間を襲うといわれています。  この妖怪は昭和期に創作 ...

■はらだし ▽解説  『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』など、主に佐藤有文の著作で紹介されている妖怪です。  この妖怪が夜中に現れた時は、酒を与えると上機嫌になって愉快な「はらだしおどり」を披露してくれるといいます。  多くの場合、挿絵には江戸 ...

■びろーん ▽解説  佐藤有文の著作で紹介されている妖怪です。  『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』には、びろーんは別名を「ぬりぼとけ」といい、全身がコンニャクのようにぶよぶよしていて、尻尾で人の顔や首を撫でるとあります。  また、塩をかけると消 ...

↑このページのトップヘ