タグ:今昔画図続百鬼

■皿かぞえ[さら‐]▽解説 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』にある妖怪です。 井戸から半身を出した女の幽霊らしきものが火を吹き出しており、その火が三枚の皿を宙に巻き上げているかのように描かれています。 これは、ある家の下女が十枚組の皿のうち一枚を井戸に落とし ...

■狒々[ひひ]▽解説 狒々(比々)は日本の各地で山間部に棲むといわれていた怪獣で、猿を大きくしたような姿、あるいは年功を経た猿が化したものなどと考えられました。 もとは中国に伝わるもので、『本草綱目』によれば、狒々は大陸の南西に棲息しており、人のような形を ...

■骨女[ほねおんな] ▽解説  『今昔画図続百鬼』にある女の妖怪です。  牡丹灯籠を提げた異相の女が描かれ、「これハ御伽ばうこに見えたる年ふる女の骸骨、牡丹の灯籠を携へ人間の交をなせし形にして、もとハ剪灯新話のうちに牡丹灯記とてあり」と記されてい ...

■水虎[すいこ] ▽解説  もとは中国に伝わる妖怪で、日本では主に河童の別名として用いられ、長崎県や青森県などでは伝承上に水虎の名がみられます。  『本草綱目』によれば、水虎は三、四歳の小児のようで鱗があり、膝頭が虎の爪に似ていると解説していま ...

■覚[さとり]▽解説 人の考えていることを自在に読み解くことの出来る妖怪で、各地の民話に登場します。 さとる、おもい、山鬼、黒ん坊などとも呼ばれることもあります。また、天狗や狐狸、山姥などが人の心を読む存在として昔話に登場する場合もあります。  さとりの ...

■天井下[てんじょうくだり] ▽解説  鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』に描かれている妖怪です。  髪を振り乱した妖怪が天井を破って出現しており、解説には「むかし茨木童子は綱が伯母と化して破風をやぶりて出、今この妖怪は美人にあらずして天井より落。世 ...

■骸骨[がいこつ] ▽解説  死体の皮や肉が落ちて骨だけになった「骸骨」は妖怪画の題材として非常にポピュラーなものであるといえます。  葛飾北斎画の灯籠を持つ骸骨が月光を浴びて竹林に立つ『月下竹林髑髏』、蚊帳を覗く幽霊が骨格をむき出しにした姿で ...

↑このページのトップヘ