タグ:さとり

■さとりの兎[‐うさぎ]▽解説 新潟県東頚城郡牧村に伝わるものです。 昔、ある所にお爺さんとお婆さんが住んでいて、冬になるとお爺さんはかんじき作り、お婆さんは機織りをして暮らしていました。 この家には毎日山から古いこうのひねた(年を経た)兎が遊びに来てお ...

■ザラザラザッタラ ▽解説  静岡県榛原郡に伝わる妖怪です。  ある人が山小屋に泊まり、一人きりで火にあたっていました。  すると、入り口の筵を上げ、南瓜のような丸いものがころころ転がってきて、ゆるい(囲炉裏)の傍で止まりました。  「きび(気 ...

■はらだし ▽解説  『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』など、主に佐藤有文の著作で紹介されている妖怪です。  この妖怪が夜中に現れた時は、酒を与えると上機嫌になって愉快な「はらだしおどり」を披露してくれるといいます。  多くの場合、挿絵には江戸 ...

■粋呑[すいとん] ▽解説  岡山県と鳥取県の境にある蒜山高原でいう妖怪です。  人の心を読み、悪事を企む者や他人に迷惑をかける者の前にスイーッときてトンッと一本足で立ち、引き裂いて食べてしまうといいます。そのために蒜山には悪人がいなかったとい ...

■覚[さとり]▽解説 人の考えていることを自在に読み解くことの出来る妖怪で、各地の民話に登場します。 さとる、おもい、山鬼、黒ん坊などとも呼ばれることもあります。また、天狗や狐狸、山姥などが人の心を読む存在として昔話に登場する場合もあります。  さとりの ...

↑このページのトップヘ