かりつこつ

■かりつこつ

▽解説

 妖怪を題材とした歌川国芳の春画にみられるもので、連作「開談百鬼夜行」中の一枚および肉筆画で姿が確認されています。
 
 一見すると骸骨の妖怪ですが、実は頭蓋や眼窩、歯、あばらなどのあらゆる部位が男性器の形をしています。そして股間には当然、堂々たる骨の逸物が屹立しています。

 肉筆画、錦絵ともに同じ構図で描かれており、「かりつこつ」は手水場の傍にぬっと姿を現し、出くわした女を驚かせています。
 名前は骸骨と亀頭(かり)をかけたもののようです。


▽関連

骸骨



 ご立派……!!