さむがり狸

■さむがり狸[‐たぬき]

▽解説

 俗に「狸の金玉八畳敷き」といい、狸は非常に大きな陰嚢をもつ動物として理解され、戯画化されてきました。
 浮世絵師による狸の絵にも巨大な陰嚢の形を様々に変え、工夫を凝らして人間の道具のように用いたり、他の動物や妖怪、神仏などに化けたりする滑稽な様子を描いた作品が多数残されています。

 歌川国芳は何種類もの狸の戯れの絵を制作しており、そのなかの一つに「さむがり狸」と題するものがあります。
 描かれた寒がりの狸たちは各々の陰嚢を炬燵布団や首巻などに変えて身に纏い、暖を取って寛いでいます。 


▽関連






 蒸れそう。