二頭虫

■二頭虫[にとうちゅう]

▽解説

 『姫国山海録』に記録されている虫の一種です。

 この虫は、形は蟔(毛虫)に似て、また蚣(むかで)ではなく、体の前後に頭があるといいます。しかし結局のところ何という虫なのかは作者も知らないとしており、他の項目では記されている産地や大きさ等の情報も一切ありません。
 

▽註

・『姫国山海録』…各地の奇怪な虫類25種を図入りで紹介する書。南谷先生作。宝暦12年(1762)頃の成立。東北大学附属図書館蔵。