馬の足

■馬の足[うま-あし]

▽解説

 馬に関する怪異の中には、その足だけが出現するというパターンがいくつか確認されています。 

 福岡県の伝承には、夜になると古塀から出た木の枝に馬の足がぶら下がっていることがあり、その下を通ると蹴飛ばされるというものがあります。
 また、久留米市原古賀にあった大きな榎からも、真夜中になると長さ一丈ほどの馬の足がぶら下がったといい、こちらは狸の仕業とされていました。