百目

■百目[ひゃくめ]

▽解説

 水木しげるの著作や、その他の児童書などで紹介されている妖怪です。

 百目はその名の通り体中に百の目があり、昼間は眩しいため夜になってから出歩くとされています。
 人に出会うと目玉だけが一個飛び出し、どこまでもついてくるといいます。
 また、この妖怪は古寺や廃寺によく現れるもので、口がないので何を食べているのかは不明であるといいます。


 百目の姿形には元になった妖怪画があるものの、その性質等は水木しげるによる創作であると考えられています。
 特撮テレビドラマ『悪魔くん』第1話(昭和41年放映)にはこの妖怪が「ガンマー(眼魔)」なる名前で登場しており、同時期に発表された漫画版や雑誌の特集記事などでは「百目」の名が使用されていることから、この時期にやがて「百目」として紹介される妖怪の原型ができつつあったものと推察できます。
 ただし水木による創作妖怪であるという事項は積極的に語られなかったため、百目は後に別の作者による書籍や創作物にも登場することになるのでした。