隠神刑部

■隠神刑部[いぬがみぎょうぶ]

▽解説

 愛媛県松山市に伝わる化け狸で、「松山騒動」の講談に登場することで知られています。

 隠神刑部は神通力を具えた伊予松山の狸の総大将で、八百八匹の眷属(八百八狸)を従えていたといいます。久万山の岩屋を棲み処とし、長い間松山城を守護してきました。
 
 松山藩のお家騒動に際しては、浪人後藤小源太との対決と盟約を経て、不本意ながら謀反を企てる勢力を助けることとなります。そして正義派に与した芸州広島の豪傑・稲生武太夫によって、眷属諸共久万山に封じ込められてしまったといいます。
 本来なら退治されてしかるべきところを、刑部は長年の松山城守護の功績により、祠を建て山口霊神として祀られることとなりました。
 

▽関連