がしゃどくろ

■がしゃどくろ

▽解説

 児童書などで頻繁に紹介されている巨大な骸骨の妖怪です。

 戦死者や餓死者の恨みが集まって巨大な妖怪となったもので、夜間にがしゃがしゃと音を立てながらその姿を現し人間を襲うといわれています。


 この妖怪は昭和期に創作されたものとされており、初出は斎藤守弘によるもので、単行本では『世界怪奇スリラー全集2 世界のモンスター』(1968年刊)にあるものがごく初期の記述だと考えられています。
 斎藤氏は後にインタビューでがしゃどくろについて問われ、自身の創作であることを認める旨の発言をしています。

 その後、佐藤有文の『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』において、がしゃどくろの挿絵として歌川国芳の『相馬の古内裏』と称される浮世絵が採用されました。これは平将門の娘・滝夜叉姫が呼び出した巨大な骸骨が大宅太郎光国を襲うという場面を描いたもので、当然ながら本来がしゃどくろとは無縁の絵でした。
 水木しげるも『相馬の古内裏』をアレンジした絵を「がしゃどくろ」として自著に掲載し、以後の「がしゃどくろ」は国芳の髑髏が元になった姿で広く知られるようになり、現在にいたるまで様々な媒体にて登場、紹介されています。


▽註

・『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』…佐藤有文著。昭和47(1972)年、立風書房刊の子供向け妖怪本。数十回に渡って重版された。


▽関連

骸骨