はらだし

■はらだし

▽解説

 『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』など、主に佐藤有文の著作で紹介されている妖怪です。

 この妖怪が夜中に現れた時は、酒を与えると上機嫌になって愉快な「はらだしおどり」を披露してくれるといいます。

 多くの場合、挿絵には江戸期に描かれたと思しき妖怪画(「びろーん」「金くい」などと同一の作者)およびそれを元にしたイラストが用いられています。
 原図の左側には「さとり」と書かれていることから、これは本来「さとり」として描かれた可能性があり、はらだしの名称及び解説は佐藤有文による創作であると考えられます。


▽註

・『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』…佐藤有文著。昭和47年(1972)、立風書房刊の子供向け妖怪本。数十回に渡って重版された。


▽関連






 でかい顔、しかも満面の笑み。
 眉以外は無毛でつるっとしたボディに手足が生えていて、それがまた絶妙のねじれ、ずれ具合。
 絵師の悪夢的センスと後付けの解説が奇跡的な融合を果たした素晴らしい妖怪だと思います。