うわん

■うわん

▽解説

 『百怪図巻』『化物づくし』などの絵巻や『画図百鬼夜行』に描かれた、両手を振り上げ脅かすようなポーズをとっている妖怪です。
 体色は薄橙、小豆色、緑など絵巻によりまちまちとなっていますが、顔つきや体勢はおおむね一致しています。

 山田野理夫の『東北怪談の旅』には、この妖怪が青森のある屋敷で「うわん」と声を響かせた話があります。
 また『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』には、うわんは墓場の主で、うわんと呼びかけられた場合には、すぐにうわんと答えなければ棺桶に引きずり込まれるなどの記述がありますが、これらはいずれも昭和期になって創作されたものであると考えられます。


▽註

・『百怪図巻』…佐脇嵩之の妖怪絵巻。元文2(1737)年制作。30種の妖怪が描かれている。「妖怪図巻」とも。
・『画図百鬼夜行』…鳥山石燕の妖怪画集第一作。安永5(1776)年刊行。
・『東北怪談の旅』…山田野理夫著。昭和49年(1974)刊。東北地方に伝わる怪談を集めたものだが、一定の創作性が認められ、当該伝承が存在したか疑わしいものも多い。
・『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』…佐藤有文著。昭和47(1972)年、立風書房刊の子供向け妖怪本。数十回に渡って重版された。


▽関連

和無