ひょうすべ

■ひょうすべ

▽解説

 佐賀県、宮崎県を中心に九州地方でいう河童の類です。
 兵主部や兵揃と漢字表記される場合や、ヒョースンボ、ヒョースボー、ヒョスボなどと呼ばれていることもあります。

 『百怪図巻』『画図百鬼夜行』などでは猿のような姿で描かれ、河童とは区別されています。

  宮崎県から熊本県の山間部にかけては、春秋の彼岸にヒョウヒョウと鳴きながら渓流伝いに行き来するといい、その鳴き声がヒョウスベという名の由来になったとしています。
 この他、武神の兵主神が名の由来に関わっているとする説もあります。

 佐藤有文の『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』や、これを参考にしたと思われる書籍には、ひょうすべの笑い声につられて一緒に笑うと死んでしまうという記述がありますが、典拠は不明であり、佐藤による創作の可能性が高いと考えられています。


▽註
 
・『百怪図巻』…佐脇嵩之の妖怪絵巻。元文2年(1737)制作。30種の妖怪が描かれている。「妖怪図巻」とも。 *2 ・『画図百鬼夜行』…鳥山石燕の妖怪画集第一作。安永5年(1776)刊行。
・『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』…佐藤有文著。昭和47年(1972)、立風書房刊の子供向け妖怪本。数十回に渡って重版された。

 
▽関連

河童